2019年8月16日 (金)

お盆休み2019

お久しぶりです。GW以来の更新です。昨年は6連休でしたが、今年は夏季休暇が巧く嵌ったので10~18日の9連休となりました。

とりあえず、友人に会うぐらいしか予定がないので、家でゴロゴロと地方競馬をやる健康的な日々を過ごしています(笑)。

さて、前回の更新からのイベント事をちょっとまとめると、

・GWは静岡へ。タミヤ見学&ギャンブルツアー。結果は・・・。
・今年のダービーは◎ヴェロックスでハズレ。18年連続不的中・・・。
・ジャッカスバークついに引退。
・市民ソフトボール大会で優勝。
・今年も府中の馬場開放へ。
・期待のベルクワイア何とか未勝利脱出。
・組合活動の一環で宮城、岩手に初訪問。改めて震災の恐ろしさを実感。

こんな感じでしょうか。

相変わらず競馬メインですが、GWは静岡の友人とタミヤ見学&ギャンブルツアーin浜松オートに行ってきました。

タミヤ本社。会社の車もカッコいいですね。

20190816_0120190816_02

社内にレーシングカーが展示してあります。ミニ四駆も。

20190816_0320190816_04

浜松オート初参戦。

20190816_05

最初のレースをいきなり当てて、オート簡単だなぁなんて思っていたらその後1回も当たらず・・・。ビギナーズラック怖し・・・。機会があればリベンジしたいです。

ダービーは今年もダメでしたね・・・。◎ヴェロックス(2番人気)の単勝で勝負し3着でハズレ。これで18年連続ハズレ。来年こそは。

ちなみに、私の競馬ジンクスで生き続けているものが、「乗り替わりはダービーで勝てない」ぐらいしかもう無いので、競馬仲間と「乗り替わりのサートゥルナーリアが勝ったらもう競馬辞める」と話していたのに、馬券は当たらないわ、競馬は辞められないわ、で別の意味でも残念な結果でした(苦笑)。まあ、サートゥルナーリアが勝っていたとしても競馬辞めなかったと思うけどね(笑)。

馬場開放は今年も行ってきました。

20190816_06

今年はちょっと趣向を変えてこんなの↓を探索してました。

20190816_07

下にポツンと見えるブロックを拡大すると・・・、

20190816_08

2400mの目印が。まあ、ただそれだけなんですけど、こういうのがあったのを知らなかったので。

ちゃんとコースごとに目印があります。↓は2300m(Aコース)と2500m(Eコース)。

20190816_0920190816_10

競馬20年以上やってますが、まだまだ知らないことがあるなと思いました。

一口馬関連だと、期待のベルクワイアが7/21の函館2Rの3歳未勝利(ダ1700m)を勝利し、何とか未勝利を脱出。骨折明けで体調も万全ではない上、初ダート、初距離にも関わらずよく走ってくれました。これでしばらくはダートで行くのかなと思いますが、コツコツと頑張っていってほしいですね。次走はおそらく秋の府中になりそうです。

後は今年の1月に障害未勝利を勝ってくれたジャッカスバークがとうとう引退。年齢的なことと障害オープンではレベル的に厳しかったこともあり引退となりましたが、平地4勝、障害1勝の計5勝もしてくれて感謝の気持ちしかないですね。厩舎、牧場関係の皆様も8歳まで面倒みていただき本当にありがとうございました。今は新潟大学の馬術部に引き取って頂いたようで、今後は第二の馬生頑張ってほしいなと思います。

お盆休みもあと2日ですか。仕事行きたくないっすね(苦笑)。残り少ない自由な時間を有意義に過ごしたいと思います。

2019年4月28日 (日)

2019ゴールデンウィーク

今年は新天皇の即位に伴い、祝日が増えたことにより、4/27~5/6で最大10連休となるゴールデンウィークですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです。1月以来の更新です(苦笑)。

私の方は一悶着はあったものの、何とか10連休とあいなりました。一応、元々土日祝休みの部署なので、「今年こそは」と思っていたら、「他の部署の手伝いで仕事に出ろ」とか「振休が溜まるからやっぱり出るな」とか色々な話が出て二転三転したのですが、最終的には「暦通りで」と言う事で・・・。

初日の27日は毎年恒例のメーデーに参加するため代々木公園へ。

20190428_01

雨が心配されましたが何とか持ってくれて良かったです。春闘も終わり、次は夏のボーナスの闘いが待っています。今年は会社の業績が良いのでしっかりと要求したいと思います。

そして今日28日は府中観戦に行ってました。

20190428_02 

今日は良い天気で気持ち良かったですね。ウオッカ追悼のコーナーがありました。

20190428_03

思い出といえばやっぱりダービーですかね。64年ぶりとなる牝馬のダービー制覇は本当に衝撃でした(ちなみに、私はヴィクトリー本命で撃沈でした・・・)。

ウオッカの訃報も残念ですが、個人的にはヒシアマゾンの訃報も残念でした。混合の中長距離戦で牝馬が勝つなんて事がほとんどなかった当時、牡馬相手に互角の勝負ができる上に、しかも美人(ここ重要)なこのお馬さんが大好きでしたね。

勝ったG1は2つだけなので、ウオッカやブエナビスタ、ジェンティルドンナなどと成績だけを比べてしまうと見劣るかもしれませんが、この馬の強さは上記の馬に決して負けてなかったと思います。

この馬がいなかったらNHKマイルC創設もエリザベス女王杯の古馬開放もなかったでしょうし、そういう意味でも競馬界に大きな影響を与えた馬だったと思います。

余談ですが、2戦目になぜか(失礼)照男さんが騎乗しているんですよね。ここで勝っていたらもしかしたら主戦だったかも、なんて想像するとちょっと面白いかもしれません。

ご冥福をお祈り致します。

本日のメインの天皇賞・春はユーキャンスマイル(3番人気)とグローリーヴェイズ(6番人気)の単勝で勝負し、それぞれ5着、2着という結果。

グローリーヴェイズは一瞬やったかと思ったんですが・・・。フィエールマンの方が一枚上手でしたね。

春のG1はここまでで5戦終わり、高松宮記念の1勝のみ。NHKマイルC以降巻き返していきたいですね。

さて、今後のゴールデンウィークの予定は

29日 友人と会う
30~1日 静岡にて観光、およびギャンブルツアー
2日 土浦に帰省
3~5日 成田山参拝と恒例の親父とゴルフ
6日 川崎に戻る

今年もなんだかんだで予定が埋まりましたね。昨年に引き続き、今年も静岡の友人とギャンブルツアーに参戦します。昨年は浜名湖競艇でしたが今年は浜松オートに挑戦。オートは初めてなのでビギナーズラックに期待したいところです。往復の新幹線代ぐらいは稼ぎたいですね。

ゴールデンウィーク楽しんでいきましょう。

2019年1月20日 (日)

日はまた昇る、ジャッカスバーク障害初勝利

一口馬ジャッカスバークが本日の中京4R・障害未勝利(芝3000m)に出走し、見事障害初勝利を決めてくれました(パチパチ)。

レースはスタートを決めると、鞍上の促しもあり逃げる展開に。特に隊列変わることなく、そのまま最後の直線へ。最終障害を飛越すると、残り200mからは1番人気ルグランパントルとの叩き合いになり、最後は粘って粘ってそのまま逃げ切りを決めました。

約3年ぶりの勝利嬉しいですね。勝った瞬間は少しウルウルしてしまいました。ここまでいろいろ苦難がありましたからねぇ。

1600万下で勝負ができなくなり、障害に転向したのが約1年前。持ち馬が障害に転向するのは初めてだったので、まずは落馬だけには気を付けてほしいなと思いつつの再出発。飛越に失敗すれば最悪・・・の事も考えられますので。

初戦が2着だったので近いうちに勝ち上がれるかなと思っていたのに、下手な飛越が災いしなかなか勝てず。挙句には3戦目に初落馬・・・。あの時は本当にヒヤッとしました。そして、前走は不利もあり1番人気の期待を大きく裏切る8着。

今回も元々騎乗予定だった原田騎手が落馬負傷により、直前で熊沢騎手へ乗り替わりとなり厳しいレースになるなと思っていました。

でも、さすがは熊沢騎手でしたね。途中何度も飛越が危ない場面があり、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、そこはベテランらしくうまくエスコートしてくれました。最後の叩き合いは力が入りましたね。やはり平地、障害のマルチG1ジョッキーは伊達じゃなかったです。

関係者のコメント(抜粋)は、

「最後の直線での飛越は少し合わなかったけど、他の障害に関してはそれなりに合わせて飛んでくれていました。飛越の際にどうしても一完歩入れたがるところがあるので、もう少し思い切って飛ぶことができれば馬自身も楽になるでしょう。

そのあたりが良くなってきたら上のクラスでも十分やれると思います。今日はいい馬に乗せていただき、本当にありがとうございました。」(熊沢騎手)

「今回障害の練習の際に手伝ってくれた原田ジョッキーが落馬負傷して乗れなくなってしまったのですが、ベテランジョッキーが空いていたのでお願いしました。

ぶっつけ本番になるのでどういう馬かを伝えるしかなかったのですが、いざスタートを切ると先頭に立ったのでビックリしてしまいました。モサモサしがちなのでビシッと乗って欲しいとは言ってあったので・・・。あとはご覧の通りでヒヤヒヤものでしたね。

向こう正面は1周目も2周目も完歩が合ってなくてリズム良く飛べていませんでしたし、最後の直線の1つ目の障害は跨ぐから最後の障害で転ばないでくれと祈る思いでいたんです。

何とか無事に飛んでくれましたが、普通は1番人気の馬に差し切られていたはずです。相手の鞍上はジャッカスのことを知っている石神だから、ヤツもわかってて敢えて溜めて一気に行こうとしたはずなんです。それを並びかけられてからさらにひと伸びするのだから大したものです。

あれはジャッカスの気持ちに火がついたシーンでしたね。よく頑張ってくれたと思います。ただ、今日の一番の勝因はピンチヒッターで熊ちゃんを確保できたことかもしれません。普通なら1周目の向こう正面の飛越でリズムを崩してやめていて不思議ありませんが、恐れずそのまま飛ばしていくのですからね。驚きました。

まだ上がりをよく確認できていませんがおそらくたくさん傷を作っているでしょうから、よく確認し、必要であれば適切な処置をしておきます。ようやく勝てて嬉しいはずなのですが、あまりにも心臓に悪い飛越だったのでホッとしたという気持ちのほうが大きいですね(苦笑)。」(古賀慎師)

8歳馬でも頑張るジャッカス君には本当に頭が下がる思いですが、高齢馬を厩舎に置いて頂いている古賀厩舎にも感謝感謝です。

年齢的に現役生活も残りわずかと思いますが、もう少しだけ楽しませてもらえればなと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

20190120_01

2019年1月 1日 (火)

2019スタート

明けましておめでとうございます。今年も1年よろしくお願いします。

20190101_01

新年ということで、いつも通り恒例である昨年の目標の結果発表を。

・馬券回収率80%以上(照男さんの馬券回収率100%以上) ×
約68%で一昨年よりも成績降下で達成ならず。地方のみだと約74%。照男さんに関しては約30%と全体的にダメダメでした。というか、江田照馬券が足を引っ張っているような(苦笑)。ファン的にも今は買い時が難しいですね。ただ、赤富士Sのパルトネルラーフが買えなかったのは痛かった・・・。

ちなみに、競艇は約97%でした(あんまりやってないけど)。やっぱり競馬→競艇にシフトするべきか(苦笑)。

・G1的中6回以上(地方、海外でもOK) ×
春3回(天皇賞・春、NHKマイルC、宝塚記念)、秋1回(東京大賞典)で達成ならず。うーん、秋の中央G1が一度も当たらなかったのが痛いですね。

・海外馬券を当てる ×
ジャックルマロワ賞、香港国際競走にチャレンジするも1回も当たらず・・・。

・野球、ソフト併せて5試合以上参加(ひざを治す) △
復活の年とした昨季は何とかエンジェルス(ソフト)に7試合参加で達成。ただ、結局右ひざ完治までは至らずのため△で。

うーん、2年連続で〇が無しという情けない結果ですね(苦笑)。今年は奮起の年にしたい、と言う事で今年の抱負を。

・馬券回収率80%以上(照男さんの馬券回収率100%以上)
・G1的中6回以上(地方、海外でもOK)
・海外馬券を当てる
・野球、ソフト併せて5試合以上参加。
・右ひざを治す(減量する) 

昨年とほぼ同じですが、今年はこの5つを目標にします。この中ではやっぱり5番目ですね。まずはまともに運動できる体にならないことには・・・。ただ、ここ最近は年1回病気にかかっていたのですが、昨年はなかったので今年も継続的に健康に生きたいですね。

恒例の今年のテーマは「率先」で。昨年の「謙虚」がダメダメだったので(笑・・・えない)、テーマを変えて今年はもうちょっと頑張ろうかなと。まあ、頑張ってやるものでもないですが。

特に上司に仕事を頼まれても、自分の仕事とあまり関係ないもの(他人ができずに回ってくる仕事)は割と敬遠したり、イヤイヤながらやる傾向にあるので、今年は頼まれたら「ニコニコ進んでやる」を目標に。

明日は箱根駅伝ですね。今年は青山学院大の一強な感じがします。出雲、全日本と連続優勝と昨年とは勢いも違いますし、大学駅伝三冠の可能性はかなり高そう。「ゴーゴー大作戦」での5連覇なるか注目です。ちなみに、競馬なら単勝1.2倍ぐらいグリグリかと。それに出雲2位、全日本で3位の東洋大がどこまで迫れるか、ですね。

個人的には駒沢大の復活に期待したいです(昨年も言いましたが)。全日本は2年連続で4位と成績も悪くないですし、まずはシード権取りに全力で。

それと関東学生連合をいつも通り応援。上位陣の持ちタイムはそんなに悪くないと思うので少しでも上位を目指して。

今年も全員無事に完走できますように!

2018年12月31日 (月)

2018大晦日

今年もあとわずかとなりました。というか、9月末以来久々の更新です。ご無沙汰してます。

今年も特に何も無い1年でしたね・・・。まあ、逆に言うと何も無くてよいのかもしれませんが、気付いたら明日から来年かよって感じで。

冬休みは29日~6日まで9連休をもらいました。9連休なんていつ以来ですかね。来年はGWが10連休になるそうですし、のんびりゴロゴロしたいと思います(苦笑)。

ちなみに、ここ2年当たっていた東京2歳優駿牝馬は今年はハズレ。秋のG1予想大会も全敗でしたし、秋は(も?)馬券が全然当たらずでしたね。来年こそは。

さて、今年もブログや記憶などから1年を振り返ってみます。今年は画像も入れてみました。

・箱根駅伝は青学大が4連覇。
・月1映画は継続。
・春闘で勤務時間短縮(実質賃上げ)&ボーナスアップに成功。
・渋谷のゲームセンターCX博物館(イベント)を見学。
・西武ライオンズ、開幕8連勝。
・スペシャルウィーク死去。
・今年もメーデーに参加。都知事のありがたーいお言葉をちょっと聞く。
・GWに浜名湖競艇に初参戦。結果は撃沈・・・。

20181231_01

・健康診断で今年も要再検査通知。これで5年連続・・・。
・ノートPCを約10年ぶりに買い替える。
・テイエムオペラオー死去。
・今年のダービーは◎ダノンプレミアムで撃沈。17年連続不的中・・・。
・ウマ娘にちょっとハマるも、ヒシアマゾンが碧眼美女じゃないので不満(苦笑)。

20181231_02

・一口馬、ベルクワイアがデビューもハナ差で2着惜敗。その後も勝てず。
・宝塚記念、和田騎手のテイエムオペラオーに捧げる勝利に感動。
・府中の芝、ダートコース開放のイベントに参加。
・組合の仕事で4年ぶりに札幌へ。ニッカウヰスキー工場を見学。

20181231_03

・的場文男騎手、通算7152勝の新記録達成。
・西武ライオンズ、10年ぶりリーグ制覇。
・しかし、CS敗退で日本シリーズ出場できず。
・さらに浅村、炭谷がFAで激震。菊池もメジャーへ・・・。
・競馬博物館にて武豊騎手特別展を鑑賞。

20181231_04

20181231_05

・地元ソフト・エンジェルスが史上初のリーグ4連覇達成。

20181231_06

・秋闘で昨年比で約1.5倍のボーナスアップに成功。
・19年連続で有馬記念参戦。枠連で大勝負するも撃沈・・・。

20181231_07

20181231_08

・JRAの来場キャンペーンで5等のクリアファイルを計2枚ゲット。
(モーリス、ジェンティルドンナ)

20181231_09

・東京大賞典に参戦。渾身の馬券で枠単をゲット。有馬負債を戻す(苦笑)。

20181231_10

20181231_11

相変わらず競馬ネタ多しですが、上記の中で印象的なのはエンジェルスの4連覇ですかね。結成当時(約20年前)はリーグのお荷物チームだったのに、ここまで強くなったかぁとしみじみ。

自分自身としては、昨年はケガもあり1試合も参加できず悔しい思いをしましたが、復活の年とした今年は7試合(6勝1敗)ほど参加することができ、チームの勝利に貢献できたことは嬉しかったですね。

野球といえば、ライオンズが久々のリーグ制覇。CSがちょっと情けない結果に終わったのが残念ですが、選手は皆頑張ってくれたと思います。来年こそは日本シリーズ出場、そして制覇を。

ただ、そのためにはやっぱり投手陣を立て直さないことには厳しいですね。チーム防御率4点台はプロとしてはちょっとねという数字なので。キャンプで少しでも投手陣の底上げができれば。

そんな状況で菊池が抜けるのは痛いですが、巨人から人的補償で入った内海がどれだけやれるか。個人的には6回3失点ぐらいでまとめて、8勝前後してくれないかなと淡い期待を。

FAで抜けた2人に関しては炭谷はよいとして(おい)、浅村が抜けたのが痛すぎ。浅村の代わりはいないので、チーム全員でカバーしていくしかないですね。逆に若手はチャンスだと思ってレギュラー取りを目指してほしいです。まずはオープン戦を楽しみに待ちたいと思います。

昨年から続いている映画鑑賞ですが、今年は「不能犯」、「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」、「ラプラスの魔女」、「OVER DRIVE」、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」、「検察側の罪人」、「夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」、「若おかみは小学生!」、「旅猫リポート」、「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」、以上11本。今年も結構見たなぁ・・・。

この中だと、「OVER DRIVE」は結構好きな感じです。レースものはやっぱり興奮しますね。後半は泣ける系が多かったかなぁ。「若おかみは小学生!」、「旅猫リポート」と両親が亡くなる話(それがメインではないけど)を連続で見たので、今のうちに親孝行しておこうかなと思いました。

ゲーム関連では、お盆の時に書いた「レイトン ミステリージャーニー」しか買わず・・・。「絶体絶命都市4」、「真・三國無双8」とかやってみたいのですが、PS4持ってないんですよねぇ・・・。馬券が当たれば。

年頭に掲げた今年のテーマは「謙虚」でしたが、今年は10点程度・・・。ニコニコしながらの仕事は2週間も持ちませんでした(苦笑)。

口を開けば文句ばかりで「無理な仕事」は「無理」、「嫌な仕事」は「嫌」といろんな人にはっきり言っちゃってましたね・・・。ただ、「無理」、「嫌」と言っても最終的にはやりました(やらされた?)けど。

結局最終的にはやることになるのだから、最初から素直にやるとニコニコ言えばお互い良いのかもしれませんが、とりあえず一言言いたい人なのですみません。来年は直したいです。

今年も私のホームページ、ブログに来ていただきありがとうございました。皆様も良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

2018年9月30日 (日)

西武ライオンズ、10年ぶりのリーグ優勝!

ライオンズが遂にやってくれました。2008年以来10年ぶり22回目のリーグ優勝を決めてくれました。

開幕8連勝で勢いをつけると、途中何回も首位陥落しそうな場面はあったものの、結局最後まで一度も首位を譲ることなく、そのまま優勝まで駆け抜けました。

かつて常勝軍団だったライオンズが、まさか10年も優勝出来ないとは前回優勝時には思いもしませんでしたが、それだけにこの久々の優勝は本当に嬉しいですね。

欲を言えば勝って優勝といきたかったところですが、それはクライマックス、日本シリーズに取っておきたいと思います。

打撃陣は全体的に好調でしたが、個人的には中村選手の復活が嬉しかったですね。6月まで打率1割台で低迷していて今年は厳しいかなぁと思っていたら、7月以降は打率3割以上と大爆発。元4番の意地を見せてもらいました。

投手陣はトレードで加入した榎田選手の存在が大きかったですね。今日時点で菊池、多和田に次ぐ勝ち頭。トレード加入でまさか2桁勝てるとは思っていなかっただけに、この活躍は良い意味で誤算でしたね(失礼)。

この他にも名前を挙げたい選手は沢山いるのですが、挙げるとキリがないのでこの辺にしておきます。

選手の皆さん、スタッフの皆さん、球団関係者の皆さん本当におめでとうございました。

・競馬
秋のG1シリーズが開幕。初戦のスプリンターズSは1番人気ファインニードルが中団から差し切り、春の高松宮記念に続いて春秋スプリントG1制覇という結果に。

外からの追い込みが決まり辛かった馬場だけに、外から差し切ったのは地力が違った感じですね。今後の予定は分かりませんが、可能であればぜひ香港スプリントで春の雪辱を期待したいです。

馬券はほぼ予想大会通りにセイウンコウセイからの馬単流しとレッツゴードンキの単勝で勝負するも、それぞれ12着、5着と上位争いに絡めず。

セイウンコウセイは直線半ばで余力なく、レッツゴードンキは後方から上がり最速で追い込みましたが、あの位置からでは時すでに遅しという競馬でした。

うーん、残念ですね。初戦で好スタートを切りたかったのですが・・・。秋華賞、菊花賞の3歳G1で巻き返したいです。

2018年8月12日 (日)

お盆休み2018

昨日からお盆休みに入り、実家に帰省中です。今年は土日とお盆休みが上手く繋がって11~16日の6連休。嬉しいですね。

欲を言えば17日も有休を取って9連休でも良かったのですが、いつも通り皆に「ダメ」と言われてしまったので断念・・・。

とりあえず、お盆明けから9月頭までは激務が確定しているのと、今年も特にこれといった予定がないので、お盆中はのんびりゴロゴロしようかなと思ってます(苦笑)。

というわけで、ゴロゴロとゲームをしようと久々にゲームを買ってきました。

レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀DX

20180812_01

新作が出るとCMで宣伝していたのでやってみようかなと。ちなみに、レイトンシリーズをプレイするのは「悪魔の箱」以来9年ぶり。気長にナゾを解いていければ。

後は弟くんに買っておいてもらった「ニンテンドークラシックミニ」もプレイせねば。

20180812_02

こんな感じのお盆の予定です。

・野球
プロ野球、高校野球にソフトボールと盛り上がってますね。

プロ野球は我がライオンズがここにきて再び調子を上げてきて、2位日本ハムと5ゲーム差で首位をキープ。

個人的にはおかわりくんこと中村選手が調子を上げてきたのは嬉しいですね。優勝を知る数少ない選手の復活は優勝争いをしているチームにとっても大きいはず。

残り試合があと40試合とちょっとですので、この後勝率5割以上をキープできれば優勝は見えてくるかなと思ってます。頑張れライオンズ!

今年が100回記念の高校野球ですが、こちらも熱戦続きで面白いですね。特に今日は済美と星稜の試合が熱かった。7回終わって1-7の試合がまさか延長13回で13-11の決着になるとは。

最後のサヨナラ満塁ホームランも良かったですが、個人的には12回裏1死満塁のピンチで寺沢投手が2者連続見逃し三振を奪った場面が一番痺れましたね。

どちらの打者ともカウント3-1と絶体絶命の状況になりながら、同じように2球連続ストライクを投げ込み(しかも、コース一杯一杯)、見逃し三振。私もこれぐらいの精神力というか強心臓が欲しいっす。

最後は力尽きましたが、まだ2年生ですし、この経験は必ず今後に生きてくるはず。来年またこの舞台に戻って来れるよう頑張ってほしいですね。

ちなみに、地元茨城の土浦日大は昨年に続いて初戦で早々と敗退。茨城勢はここ10年で常総学院以外全て初戦敗退なんですよねぇ・・・。来年は是非とも地元に勝利を。

締めは世界ソフトボール。ダブルヘッダーを戦った選手の皆さんホントお疲れさまでした。決勝の延長10回に藤田選手が2ランを打った時は金メダルが見えたと思ったのですが・・・。

結果的に上野投手の1日2連投はやはり厳しかった。日本の攻撃中にベンチで休む上野投手が何度も映っていましたが、見るからに限界でしたね・・・。それでもマウンドに上がれば、疲れを見せずに投げ続けるエースに感動しました。正に魂の244球だったと思います。

ただ、2年後の東京五輪で金メダルを取るには、上野投手以外にもエース級ピッチャーが出てこないと厳しいでしょう。今日の上野投手のピッチングを見た他の投手達の奮起に期待したいですね。

・競馬
今日は何と言っても、的場文男騎手の地方競馬通算最多勝利記録達成に尽きるでしょう。大井競馬5Rをシルヴェーヌ号で見事逃げ切りを決め、通算7152勝の大記録達成。

ここまで来るのは決して平坦な道のりではなかったと思いますが、本当に凄いとしか言いようがないですね。60歳を過ぎても未だに年間1000鞍近く騎乗して、そして年間100勝以上するなんて真のレジェンド。

これからもケガには気を付けて1年でも長くその姿をファンに見せてほしいなと思います。記録達成おめでとうございました。ちなみに、このレースの本命はアカツキノカナタ(5着)でした(苦笑)。

そして、的場文男オリジナルミニ四駆「レッドエンペラー」発売決定。カッコいいですな。早速予約しました。でも限定230台では厳しいか。当たれば良いなぁ。

・今日のヒット
札幌11R エルムS(G3)
◎ハイランドピーク(2番人気)から馬単流しでゲット。

20180812_03

好スタートを決めると、先団で無理なく進め、4角先頭で押し切るという力強い競馬でした。横山和生騎手も中央重賞初制覇おめでとうございます。ノリ騎手も息子の勝利は嬉しいでしょうね。

ここのところ重賞が全く当たっていなかったので、久々の的中嬉しいです。ここから調子を上げていければ。

2018年7月 1日 (日)

オペラオーに捧げる勝利、第59回宝塚記念

気付いたらもう7月。今年ももう半年が過ぎてしまいましたね。

暑い日が続いていますが、関東は29日に早くも梅雨明けと暑さに拍車がかかりそうな感じです。ちなみに、6月の梅雨明けは観測史上最速だそうで。

現場に出ることも多いので、熱中症だけは避けねば。

・競馬
先週の宝塚記念で春のG1も終了。何が勝ってもおかしくない大混戦の宝塚記念を制したのは7番人気ミッキーロケットでした。

4角先頭で早くも先頭に立つと、最後は香港の強豪ワーザーの猛追をクビ差振り切りG1初制覇となりました。

鞍上の和田竜二騎手は2001年天皇賞・春以来17年ぶりのG1制覇。17年の長さはJRA・G1勝利の最長間隔記録とのこと。

レース後は久々に泣きましたね。泣いたのは一昨年の有馬記念以来。元々はキセキを本命にしていたので、レースは後ろの方を見ていたのですが、最後の直線で「もう無理だー」と思い、前のほうを見てみると、ミッキーロケット(&和田竜二)が先頭で頑張っているじゃないですか。

外からワーザーが迫ってきたときには、馬券抜きに「和田ー、そのままー。負けるなっ。粘れぇーーーーっ。」と府中のスタンドで叫んでました。ゴール後は自然と拍手してました。

昨年はモズカッチャンの乗り替わりがあって、エリザベス女王杯でのクビ差惜敗があって、そして、5月にテイエムオペラオーの死去があってと・・・。

本人ではないですが、いろいろと自分の脳裏に上記が走馬灯のように駆け巡り、さらにゴールした瞬間、和田騎手が涙を拭うような仕草をしたのをみて自然とウルウル。

勝利ジョッキインタビューでの一言一言が重くて、そこでもウルウル(苦笑)。

「オペラオーが後押ししてくれたと思います。」

「勝ってオペラオー(が生きている内)に報告したかったんですけど・・・、まあでもやっと胸張って(墓前に報告しに)行きたいと思います。」

オペラオー中心のインタビューでしたが、やっぱり偉大な馬だったんだなぁと改めて。亡くなった直後にこのような奇跡が起きたことに対して、最後の直線はインタビュー通り「オペラオーが押してくれた」のだと思います。

宝塚記念のレープロより↓。

20180701_01

外国人騎手旋風であまり騎手のドラマが無くなりつつあった昨今ですが、ダービーの福永騎手や今回の件があり、まだまだ競馬も捨てたもんじゃないなと思わせてくれた2018春のG1戦線でした。

ちなみに、馬券はミッキーロケットの単勝とキセキの馬単で勝負し、何とか単勝をゲットしました(東京11Rもゲット)。

20180701_0220180701_03

最初は調教抜群と言う事もあり、ミッキーロケットから馬連流しにしようと思ったのですが、「やっぱり最後はデムーロかルメールだろ」と弱気の外国人ジョッキー選択をしてしまったのが若干悔やまれます。でも、ホント馬券抜きにして良いレースが見られて満足でした。

今回、和田騎手がJRA・G1勝利の最長間隔記録を更新しましたが、この記録を更新できる騎手は現役では1人しかおりません。

その騎手の名前は言わずもがな江田照男騎手です。「ダイタクヤマト、逃げ切り、逃げ切りー。」の2000年スプリンターズSから勝っていません(泣)。

正直現状を考えると更新できる可能性はかなり低いのかもしれませんが、そこは「忘れた頃の江田照男」の一発に期待したいですね。もし今年のスプリンターズSを勝ったりしたらおそらく号泣してしまうだろうなぁ。

最終レース後は恒例の馬場開放に参加。

20180701_04

20180701_05

最終週のため内ラチ沿いは荒れてます。

20180701_06

夢の第11レースが。

20180701_07

ダートの、あと100っ(白川次郎アナ風に)。

20180701_08

今回は砂の持ち帰りは禁止だそうで(小瓶ももらえず)。残念。

また秋競馬で会いましょう。

20180701_09

2018年6月17日 (日)

ベルクワイア、デビュー戦は2着惜敗

前回のブログで話したベルクワイアですが、本日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)に出走し、クビ差で2着(1番人気)という結果に。惜しくも勝利とはなりませんでした。

レースはまずまずのスタートを切ると、ダッシュ良く逃げ馬と並ぶような感じで進める展開。

前半800m49.1というスローな流れで4コーナーで早くも先頭に。そのまま粘りこみを図ろうとするも後続も殺到し、残り100mあたりで内から並びかけてきたトーセンギムレットとの叩き合いに。叩き合いの末、相手の首が出たところがゴールでした。

関係者のコメントによると、

「勝てなくてごめんなさい。本当は前に馬を置いて運びたかったけど、ゲートを出てペースが落ち着いたことで今日のポジションになりました。

初めての競馬でちょっとフワフワしましたが、折り合いやコントロールは問題なかったですね。追ってからもっと切れるかなと考えていましたが、最後までジリジリでした。

ちょっと馬場が緩くてその影響もありそうですが、いいスピードを持っているし、次はもっと走れるはずですよ。」(ルメール騎手)

「試験までの期間のゲートの出はそこまで速くなかったですが、トレーニングを積んできてそれなりには出られるようになっているだろうと考えていました。

念のために金曜日に練習をした時は普通くらいの出を見せていたので、適度に流れに乗れたら理想的だろうと見ていたんです。それが実戦へ行くと五分以上のスタート。それ自体は特筆するものではないものの、そこからスッとスピードに乗ったことでハナに立ってしまいましたね・・・。

結果論にはなってしまいますが、道中から正直なんか嫌だなぁ・・・と思いながら見ていたんです。そのまま押し切ってくれることに期待をしたのですが、いい目標になってしまいましたね。

ルメール曰く、緩い馬場で切れるはずの脚を使えなかったとのこと。う~ん、正直それでもなんとかして欲しいと思っていただけに残念でなりません。楽しみにしていただいていたと思うだけに期待に応えられるような結果を出せなくて申し訳ありません。」(国枝師)

とのこと。ゲートの出が遅いかもと聞いていたので、まさか逃げの形になるとは思いませんでした。4コーナーの手応えの感じではそのまま押し切れるかなぁと思ったのですが、ルメール騎手のコメント通りジリジリな伸びで、最後はトーセンギムレットに捕まってしまいました。

うーん、悔しい。あそこまでいったなら押し切ってほしかったなぁとも思いますが、スローな流れで後ろから差されてしまったので、相手を褒めるしかないですね。岩部騎手も年間数回しかない(失礼)神騎乗をここで決めなくても良いのにと愚痴を。

それにしても、まさか単勝1.3倍に推されるとは・・・。新馬戦とは言え、それだけ推してもらえたのは嬉しかったですね。

残念ながら2着には負けてしまいましたが、ベルクワイアはよく頑張ってくれました。いろいろなプレッシャーがある中、デビュー戦で2着なら十分かと。

まずは初戦お疲れ様でした。牝馬で500キロ近くある大型馬なので、脚元には気を付けてまた次走頑張ってほしいなと思います。

2018年6月16日 (土)

ベルクワイア、デビュー

明日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)で一口馬ベルクワイアがルメール騎手を背にデビューすることになりました。

20180616_01

佐藤助手のコメント(抜粋)によると、

「先々週、先週はともに先輩とは言え未勝利馬を相手にした追い切りだったので、強気なことは言えないと思っていましたが、動きは良く、先週の時点で大体できているなと感じていました。

調教師から当該週はあまりやりすぎないようにと指示が出ていたので、今日の追い切りは同じ2歳馬3頭併せで行うことにしました。

ベルクワイアは真ん中に入れて進めたところ他2頭が若干前に出た時にも変に気後れしたり、突っ張ったりすることはなかったです。

スピードを上げていく時の掻き込みがしっかりとしていて、ギアが変わればスッと楽に突き放してしまいそうなくらいの手応えで駆けていました。まずは初戦を無事に走り終えてくれたらと思っています。」

とのこと。これまで私の一口馬はあまり早いデビューをしたことがなかったのですが(昨年札幌デビューしたコンダクトレスが最速)、まさか6月の府中でデビュー出来るとは、という感じです。

いつもはクラシックを目指せそうな血統の馬を買うのですが、なかなか結果を残せなかったので、今回は現実を見ようと言う事で(稼ぐ意味で(苦笑))、短距離血統の馬を選んでみました。

カタログを見てスカーレットベル産駒(ベルクワイア)と、カメリアローズ産駒(ディキシーナイト)の2択まで絞って(しかも、どっちも国枝厩舎だった)、最終的にベルクワイアに決めました。

決め手としてはロードカナロアの可能性に賭けてみたかったということと、親戚にヴァーミリアンやサカラートがいるので血統も良いなと思ったので。あとは芝でもダートでも走れそうなので、つぶしが利くなという割と安易な考えもありつつ(苦笑)。

一昨年、キャロットの一次募集を忘れてしまったおかげで、昨年は出資優先権をもっていたので、それを使って何とか購入することができました。

一応、気になったディキシーナイトも申し込んだんですけど、やっぱり抽選で外れちゃいました。最近、キャロット馬はなかなか買うのが大変ですね。

さて、ベルクワイアですが、前売りオッズだと単勝1倍台前半で推移していてかなりの人気になってますね。期待されるのは有難いことですが、逆に人気し過ぎて不安が・・・。

もちろん勝てれば言う事無しですが、デビュー戦だけにまずは無事に走ってきてほしい、というのが本音です。

本日、一口馬ジャッカスバークが東京4Rの障害未勝利戦に出走したのですが、結果は最終障害で落馬、競走中止というまさかの結果でした。

人馬ともに命に別状は無いと言う事でホッとしましたが、やっぱり何が起こるか分からないのが競馬ですからね。今日のジャッカスのレースを見て、余計に「まずは無事に」という思いが強くなりました。

枠は7枠13番で確定。個人的には新馬戦だけに揉まれる内より外の方が良いなと思っていたので、良い枠ではないでしょうか。

ちなみに、ベルクワイアとはハンドベル演奏グループのこと。母名スカーレットベルからの連想で、勝利の鐘の音を響かせて欲しいという意味を込めての命名だそうです。

頑張れベルクワイア!

«第85回東京優駿

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ