2018年8月12日 (日)

お盆休み2018

昨日からお盆休みに入り、実家に帰省中です。今年は土日とお盆休みが上手く繋がって11~16日の6連休。嬉しいですね。

欲を言えば17日も有休を取って9連休でも良かったのですが、いつも通り皆に「ダメ」と言われてしまったので断念・・・。

とりあえず、お盆明けから9月頭までは激務が確定しているのと、今年も特にこれといった予定がないので、お盆中はのんびりゴロゴロしようかなと思ってます(苦笑)。

というわけで、ゴロゴロとゲームをしようと久々にゲームを買ってきました。

レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀DX

20180812_01

新作が出るとCMで宣伝していたのでやってみようかなと。ちなみに、レイトンシリーズをプレイするのは「悪魔の箱」以来9年ぶり。気長にナゾを解いていければ。

後は弟くんに買っておいてもらった「ニンテンドークラシックミニ」もプレイせねば。

20180812_02

こんな感じのお盆の予定です。

・野球
プロ野球、高校野球にソフトボールと盛り上がってますね。

プロ野球は我がライオンズがここにきて再び調子を上げてきて、2位日本ハムと5ゲーム差で首位をキープ。

個人的にはおかわりくんこと中村選手が調子を上げてきたのは嬉しいですね。優勝を知る数少ない選手の復活は優勝争いをしているチームにとっても大きいはず。

残り試合があと40試合とちょっとですので、この後勝率5割以上をキープできれば優勝は見えてくるかなと思ってます。頑張れライオンズ!

今年が100回記念の高校野球ですが、こちらも熱戦続きで面白いですね。特に今日は済美と星稜の試合が熱かった。7回終わって1-7の試合がまさか延長13回で13-11の決着になるとは。

最後のサヨナラ満塁ホームランも良かったですが、個人的には12回裏1死満塁のピンチで寺沢投手が2者連続見逃し三振を奪った場面が一番痺れましたね。

どちらの打者ともカウント3-1と絶体絶命の状況になりながら、同じように2球連続ストライクを投げ込み(しかも、コース一杯一杯)、見逃し三振。私もこれぐらいの精神力というか強心臓が欲しいっす。

最後は力尽きましたが、まだ2年生ですし、この経験は必ず今後に生きてくるはず。来年またこの舞台に戻って来れるよう頑張ってほしいですね。

ちなみに、地元茨城の土浦日大は昨年に続いて初戦で早々と敗退。茨城勢はここ10年で常総学院以外全て初戦敗退なんですよねぇ・・・。来年は是非とも地元に勝利を。

締めは世界ソフトボール。ダブルヘッダーを戦った選手の皆さんホントお疲れさまでした。決勝の延長10回に藤田選手が2ランを打った時は金メダルが見えたと思ったのですが・・・。

結果的に上野投手の1日2連投はやはり厳しかった。日本の攻撃中にベンチで休む上野投手が何度も映っていましたが、見るからに限界でしたね・・・。それでもマウンドに上がれば、疲れを見せずに投げ続けるエースに感動しました。正に魂の244球だったと思います。

ただ、2年後の東京五輪で金メダルを取るには、上野投手以外にもエース級ピッチャーが出てこないと厳しいでしょう。今日の上野投手のピッチングを見た他の投手達の奮起に期待したいですね。

・競馬
今日は何と言っても、的場文男騎手の地方競馬通算最多勝利記録達成に尽きるでしょう。大井競馬5Rをシルヴェーヌ号で見事逃げ切りを決め、通算7152勝の大記録達成。

ここまで来るのは決して平坦な道のりではなかったと思いますが、本当に凄いとしか言いようがないですね。60歳を過ぎても未だに年間1000鞍近く騎乗して、そして年間100勝以上するなんて真のレジェンド。

これからもケガには気を付けて1年でも長くその姿をファンに見せてほしいなと思います。記録達成おめでとうございました。ちなみに、このレースの本命はアカツキノカナタ(5着)でした(苦笑)。

そして、的場文男オリジナルミニ四駆「レッドエンペラー」発売決定。カッコいいですな。早速予約しました。でも限定230台では厳しいか。当たれば良いなぁ。

・今日のヒット
札幌11R エルムS(G3)
◎ハイランドピーク(2番人気)から馬単流しでゲット。

20180812_03

好スタートを決めると、先団で無理なく進め、4角先頭で押し切るという力強い競馬でした。横山和生騎手も中央重賞初制覇おめでとうございます。ノリ騎手も息子の勝利は嬉しいでしょうね。

ここのところ重賞が全く当たっていなかったので、久々の的中嬉しいです。ここから調子を上げていければ。

2018年7月 1日 (日)

オペラオーに捧げる勝利、第59回宝塚記念

気付いたらもう7月。今年ももう半年が過ぎてしまいましたね。

暑い日が続いていますが、関東は29日に早くも梅雨明けと暑さに拍車がかかりそうな感じです。ちなみに、6月の梅雨明けは観測史上最速だそうで。

現場に出ることも多いので、熱中症だけは避けねば。

・競馬
先週の宝塚記念で春のG1も終了。何が勝ってもおかしくない大混戦の宝塚記念を制したのは7番人気ミッキーロケットでした。

4角先頭で早くも先頭に立つと、最後は香港の強豪ワーザーの猛追をクビ差振り切りG1初制覇となりました。

鞍上の和田竜二騎手は2001年天皇賞・春以来17年ぶりのG1制覇。17年の長さはJRA・G1勝利の最長間隔記録とのこと。

レース後は久々に泣きましたね。泣いたのは一昨年の有馬記念以来。元々はキセキを本命にしていたので、レースは後ろの方を見ていたのですが、最後の直線で「もう無理だー」と思い、前のほうを見てみると、ミッキーロケット(&和田竜二)が先頭で頑張っているじゃないですか。

外からワーザーが迫ってきたときには、馬券抜きに「和田ー、そのままー。負けるなっ。粘れぇーーーーっ。」と府中のスタンドで叫んでました。ゴール後は自然と拍手してました。

昨年はモズカッチャンの乗り替わりがあって、エリザベス女王杯でのクビ差惜敗があって、そして、5月にテイエムオペラオーの死去があってと・・・。

本人ではないですが、いろいろと自分の脳裏に上記が走馬灯のように駆け巡り、さらにゴールした瞬間、和田騎手が涙を拭うような仕草をしたのをみて自然とウルウル。

勝利ジョッキインタビューでの一言一言が重くて、そこでもウルウル(苦笑)。

「オペラオーが後押ししてくれたと思います。」

「勝ってオペラオーに報告したかったんですけど・・・、まあでもやっと胸張って報告に行きたいと思います。」

オペラオー中心のインタビューでしたが、やっぱり偉大な馬だったんだなぁと改めて。亡くなった直後にこのような奇跡が起きたことに対して、最後の直線はインタビュー通り「オペラオーが押してくれた」のだと思います。

宝塚記念のレープロより↓。

20180701_01

外国人騎手旋風であまり騎手のドラマが無くなりつつあった昨今ですが、ダービーの福永騎手や今回の件があり、まだまだ競馬も捨てたもんじゃないなと思わせてくれた2018春のG1戦線でした。

ちなみに、馬券はミッキーロケットの単勝とキセキの馬単で勝負し、何とか単勝をゲットしました(東京11Rもゲット)。

20180701_0220180701_03

最初は調教抜群と言う事もあり、ミッキーロケットから馬連流しにしようと思ったのですが、「やっぱり最後はデムーロかルメールだろ」と弱気の外国人ジョッキー選択をしてしまったのが若干悔やまれます。でも、ホント馬券抜きにして良いレースが見られて満足でした。

今回、和田騎手がJRA・G1勝利の最長間隔記録を更新しましたが、この記録を更新できる騎手は現役では1人しかおりません。

その騎手の名前は言わずもがな江田照男騎手です。「ダイタクヤマト、逃げ切り、逃げ切りー。」の2000年スプリンターズSから勝っていません(泣)。

正直現状を考えると更新できる可能性はかなり低いのかもしれませんが、そこは「忘れた頃の江田照男」の一発に期待したいですね。もし今年のスプリンターズSを勝ったりしたらおそらく号泣してしまうだろうなぁ。

最終レース後は恒例の馬場開放に参加。

20180701_04

20180701_05

最終週のため内ラチ沿いは荒れてます。

20180701_06

夢の第11レースが。

20180701_07

ダートの、あと100っ(白川次郎アナ風に)。

20180701_08

今回は砂の持ち帰りは禁止だそうで(小瓶ももらえず)。残念。

また秋競馬で会いましょう。

20180701_09

2018年6月17日 (日)

ベルクワイア、デビュー戦は2着惜敗

前回のブログで話したベルクワイアですが、本日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)に出走し、クビ差で2着(1番人気)という結果に。惜しくも勝利とはなりませんでした。

レースはまずまずのスタートを切ると、ダッシュ良く逃げ馬と並ぶような感じで進める展開。

前半800m49.1というスローな流れで4コーナーで早くも先頭に。そのまま粘りこみを図ろうとするも後続も殺到し、残り100mあたりで内から並びかけてきたトーセンギムレットとの叩き合いに。叩き合いの末、相手の首が出たところがゴールでした。

関係者のコメントによると、

「勝てなくてごめんなさい。本当は前に馬を置いて運びたかったけど、ゲートを出てペースが落ち着いたことで今日のポジションになりました。

初めての競馬でちょっとフワフワしましたが、折り合いやコントロールは問題なかったですね。追ってからもっと切れるかなと考えていましたが、最後までジリジリでした。

ちょっと馬場が緩くてその影響もありそうですが、いいスピードを持っているし、次はもっと走れるはずですよ。」(ルメール騎手)

「試験までの期間のゲートの出はそこまで速くなかったですが、トレーニングを積んできてそれなりには出られるようになっているだろうと考えていました。

念のために金曜日に練習をした時は普通くらいの出を見せていたので、適度に流れに乗れたら理想的だろうと見ていたんです。それが実戦へ行くと五分以上のスタート。それ自体は特筆するものではないものの、そこからスッとスピードに乗ったことでハナに立ってしまいましたね・・・。

結果論にはなってしまいますが、道中から正直なんか嫌だなぁ・・・と思いながら見ていたんです。そのまま押し切ってくれることに期待をしたのですが、いい目標になってしまいましたね。

ルメール曰く、緩い馬場で切れるはずの脚を使えなかったとのこと。う~ん、正直それでもなんとかして欲しいと思っていただけに残念でなりません。楽しみにしていただいていたと思うだけに期待に応えられるような結果を出せなくて申し訳ありません。」(国枝師)

とのこと。ゲートの出が遅いかもと聞いていたので、まさか逃げの形になるとは思いませんでした。4コーナーの手応えの感じではそのまま押し切れるかなぁと思ったのですが、ルメール騎手のコメント通りジリジリな伸びで、最後はトーセンギムレットに捕まってしまいました。

うーん、悔しい。あそこまでいったなら押し切ってほしかったなぁとも思いますが、スローな流れで後ろから差されてしまったので、相手を褒めるしかないですね。岩部騎手も年間数回しかない(失礼)神騎乗をここで決めなくても良いのにと愚痴を。

それにしても、まさか単勝1.3倍に推されるとは・・・。新馬戦とは言え、それだけ推してもらえたのは嬉しかったですね。

残念ながら2着には負けてしまいましたが、ベルクワイアはよく頑張ってくれました。いろいろなプレッシャーがある中、デビュー戦で2着なら十分かと。

まずは初戦お疲れ様でした。牝馬で500キロ近くある大型馬なので、脚元には気を付けてまた次走頑張ってほしいなと思います。

2018年6月16日 (土)

ベルクワイア、デビュー

明日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)で一口馬ベルクワイアがルメール騎手を背にデビューすることになりました。

20180616_01

佐藤助手のコメント(抜粋)によると、

「先々週、先週はともに先輩とは言え未勝利馬を相手にした追い切りだったので、強気なことは言えないと思っていましたが、動きは良く、先週の時点で大体できているなと感じていました。

調教師から当該週はあまりやりすぎないようにと指示が出ていたので、今日の追い切りは同じ2歳馬3頭併せで行うことにしました。

ベルクワイアは真ん中に入れて進めたところ他2頭が若干前に出た時にも変に気後れしたり、突っ張ったりすることはなかったです。

スピードを上げていく時の掻き込みがしっかりとしていて、ギアが変わればスッと楽に突き放してしまいそうなくらいの手応えで駆けていました。まずは初戦を無事に走り終えてくれたらと思っています。」

とのこと。これまで私の一口馬はあまり早いデビューをしたことがなかったのですが(昨年札幌デビューしたコンダクトレスが最速)、まさか6月の府中でデビュー出来るとは、という感じです。

いつもはクラシックを目指せそうな血統の馬を買うのですが、なかなか結果を残せなかったので、今回は現実を見ようと言う事で(稼ぐ意味で(苦笑))、短距離血統の馬を選んでみました。

カタログを見てスカーレットベル産駒(ベルクワイア)と、カメリアローズ産駒(ディキシーナイト)の2択まで絞って(しかも、どっちも国枝厩舎だった)、最終的にベルクワイアに決めました。

決め手としてはロードカナロアの可能性に賭けてみたかったということと、親戚にヴァーミリアンやサカラートがいるので血統も良いなと思ったので。あとは芝でもダートでも走れそうなので、つぶしが利くなという割と安易な考えもありつつ(苦笑)。

一昨年、キャロットの一次募集を忘れてしまったおかげで、昨年は出資優先権をもっていたので、それを使って何とか購入することができました。

一応、気になったディキシーナイトも申し込んだんですけど、やっぱり抽選で外れちゃいました。最近、キャロット馬はなかなか買うのが大変ですね。

さて、ベルクワイアですが、前売りオッズだと単勝1倍台前半で推移していてかなりの人気になってますね。期待されるのは有難いことですが、逆に人気し過ぎて不安が・・・。

もちろん勝てれば言う事無しですが、デビュー戦だけにまずは無事に走ってきてほしい、というのが本音です。

本日、一口馬ジャッカスバークが東京4Rの障害未勝利戦に出走したのですが、結果は最終障害で落馬、競走中止というまさかの結果でした。

人馬ともに命に別状は無いと言う事でホッとしましたが、やっぱり何が起こるか分からないのが競馬ですからね。今日のジャッカスのレースを見て、余計に「まずは無事に」という思いが強くなりました。

枠は7枠13番で確定。個人的には新馬戦だけに揉まれる内より外の方が良いなと思っていたので、良い枠ではないでしょうか。

ちなみに、ベルクワイアとはハンドベル演奏グループのこと。母名スカーレットベルからの連想で、勝利の鐘の音を響かせて欲しいという意味を込めての命名だそうです。

頑張れベルクワイア!

2018年6月13日 (水)

第85回東京優駿

2週間以上経ってしまいましたが、今年も日本ダービーに行ってきました。

20180613_01

20180613_02

20180613_03

20180613_04

20180613_05

1R終了後に到着。やっぱり何度来ても、このいつもの競馬場と違った雰囲気は何とも言えないですね。まずはいつも通りレープロをゲット。

20180613_06

昨年のサトノアーサー本命は無謀過ぎたなぁと反省。今年は当てたいところ。

競馬場に着いたらまずは来場キャンペーンということで、機械にタッチしたところ、累計5ポイントの景品(またまた5等)とダービーリボンをゲット。

20180613_07

ダービーリボンは昨年に引き続き、2年連続でゲット。昨年は橙でしたが、今年は黒(2枠)のリボンでした(最初、白かと思った)。

20180613_08

5等のクリアファイルは悩みに悩んで、グラスワンダーの孫モーリスで。

20180613_09

せっかくのダービーデーなので、何かダービーグッズでも買おうかなとショップへ。今年もネクタイを購入。これで競馬のネクタイも5本目。競馬ネクタイで1週間のローテが組める(笑)。箱の裏は歴代のダービー馬が載ってます。

20180613_1020180613_11

テイエムオペラオー追悼の記帳台が設置されていたので、お祈りと記帳をしてきました。

20180613_12

20180613_13

スペシャルウィークに続いてオペラオーもか・・・とショックでしたね。和田騎手のツイッターも泣ける。

思い出は以前書いたと思いますが、2000年の有馬記念。4コーナーで絶望的な位置からのあの強烈な追い込みは、有馬初観戦だったこともあり鮮明に覚えています。古馬の王道ローテを年間無敗で駆け抜ける馬はおそらくもう二度と現れないでしょうね。

2013年のJRAのCMより。

ご冥福をお祈り致します。

さて、ダービーです。ダービー連敗を16で止めるべく、本命に決めたのはダノンプレミアム。

昨年の朝日杯が終わった後、周りに「皐月賞、ダービーの二冠はこの馬で堅いでしょ。」と言ってしまった(苦笑)のと、無敗のダービー馬誕生に期待を込めて。よくよく考えると、3年連続で川田騎手本命ですか。

唯一の不安は弥生賞からのぶっつけ本番というところ。個人的には皐月賞からの王道ローテ以外はあまり買いたくないところもありましたが(同じ理由でブラストワンピース切りましたし)、最終的には初志貫徹と「1番人気だから」という理由で決めてしまいました・・・。

馬券はダノンプレミアムから弱気の馬連と、裏本命エポカドーロとグレイル、ジェネラーレウーノのワイドBOXで勝負。

20180613_14

今年の入場人員は15時現在で11.8万人程度。

20180613_15

最終的に12.6万人程度と前年比102.4%と若干アップ。レーススタート前は西門入口まで人がぎっしり。さすがダービー。

20180613_16

20180613_17

そして、15:40。ファンファーレが鳴り響きいざスタート。まずは何が逃げるかが注目でしたが、皐月賞馬エポカドーロが引っ張る展開。1番人気ダノンプレミアムは3番手をキープ。

1000m通過は60.8の平均からやや遅めのペース。あまり隊列が変わることなく最後の直線へ。エポカドーロが二の足を使って後続を突き放すところ、外からコズミックフォース、ワグネリアンが迫る。

3頭の叩き合いから最後にワグネリアンが抜け出して先頭でゴール。2着に皐月賞馬エポカドーロ。1番人気ダノンプレミアムは内の苦しいところから伸びきれず6着止まり。

20180613_18

これは素直に福永騎手おめでとうですね。20年前のキングヘイローから19回目の挑戦で悲願のダービー制覇。当時21歳の青年が41歳のベテランですからねぇ。私もおっさんになるわけだ(苦笑)。

それにしても、ダービーに乗ること自体難しいのに19回乗っていることが凄いですね。ちなみに、照男さんは4回しか乗ってないです(泣)。来年こそは。

外れた人が多いと思うのに、スタンドからは「ユーイチ、おめでとー」の声が至る所で飛び交っていて、あたたかい空気に包まれていて良かったですね。

20180613_19

私の本命ダノンプレミアムは6着と残念な結果。最後の直線で窮屈なシーンはありましたが、あれがなくても勝ち負けは難しかったかなと。

一応、初志貫徹でしたが、不安要素がありつつも本命にするのはやっぱり良くないですね。久々に後悔する馬券の買い方をしてしまったなぁという感じでした。来年こそは連敗ストップを。

他では負けはしたものの、エポカドーロ・戸崎騎手の騎乗に痺れました。まさか逃げるとは思っていなかっただけに、戸崎騎手の攻めの騎乗は見ていて気持ち良かったです。

この後、もちろん最終まで勝負し、目黒記念でウインテンダネス(9番人気)の単勝が見事的中。

20180613_20

ここまで全敗だったのですが、最後の最後でミラクルが起きました。内田騎手ありがとうございました。残り100mぐらいから「内田差せぇーーーー」と必死に叫んでました(苦笑)。

最終レース後はパドックにてレース回顧を。

20180613_21

福永騎手が「親父が見ることが出来なかった景色を代わりに見ることができて良かった」、「福永家の悲願が達成できて良かった」と話しているのを聞いて、いろいろ大きいものを背負っていたんだなぁとしみじみ。

来年はどのようなドラマが待っているのか楽しみです。

20180613_22

2018年5月 1日 (火)

2018ゴールデンウィーク

今年も昨年同様、1日、2日を休むと4/29~5/7で最大9連休となるゴールデンウィークですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の方は今年も9連休ならず・・・。工事の都合で4/28、5/1、2のどれかには出ないといけないという事で、周りと調整した結果5/2が出勤に。まあ、仕方ないですね。

とりあえず、2日出勤する代わりに、7日にお休みをもらったので、今年も4連休+5連休というゴールデンウィークになりました。

GW前半戦、初日の28日は恒例のメーデーに行ってきました。代々木公園へ。

20180501_01

1時間程度居ただけなのに日差しが強くてかなり日焼けしてしまいました。帽子ぐらい被っていけば良かった。

メーデーの後は渋谷で食事会。夏のボーナスをどの程度要求しようかと他労組と話し合ってました。今年は軒並み調子が良さそうで、ウチも昨年以上はいけそうかなと思っています。今月中旬に要求予定なのでしっかり準備していきたいですね。

翌29日は作業員さん宅で皆でバーベキュー。

20180501_02

今まで休みの日に仕事を離れて、仕事仲間とイベントをする事が無かったので(組合除く)、ちょっと新鮮でしたね。

普段仕事中にしないような話とかも出来ましたし、「そんな趣味があったのか」などいろいろ面白い話が聞けて良かったです。次回は7月ぐらいに何か企画したいということなので今から楽しみにしてます。

昨日は友人と会って、今日がGW中唯一のフリーの日だったので、掃除やら部屋の片付けやらやってました。

明日出勤後、GW後半戦になりますが、

3日 浜松(前日入り)でギャンブルツアー→土浦帰省
4日 家族で成田山参拝
5日 親父とゴルフ
6日 水戸で友人と会う
7日 川崎に戻る

というなかなかの過密スケジュール。いつもこの時期は暇な日が何日かあるんですけど、今年はポンポンと誘いが来て、行く行く言っていたらこんな事に(苦笑)。

この中では3日のギャンブルツアーが楽しみですね。3年前の名古屋以来ですが今回はどんな結末が待っているのか。交通費ぐらいは儲けて帰りたい!

・競馬
前回の更新後、皐月賞、天皇賞・春とG1が2つありましたが、皐月賞は◎グレイルで撃沈後、天皇賞・春では岩田騎手もう一丁ということで、◎レインボーラインで何とかG1の連敗をストップ出来ました。

20180501_03

皐月賞は人気馬総崩れの中、7番人気エポカドーロが2馬身抜け出しての完勝。ただ、勝ち馬の評価が難しいですね。もちろん勝っているので強さは認めないといけないのですが、個人的には立ち回りの巧さで勝ったように見えたので。1つ言えることはダービーが余計に分からなくなったと言う事(苦笑)。もう一度グレイル追っかけようかな。

天皇賞・春は1番人気シュヴァルグランが押し切るかと思われたところ、レインボーラインが岩田騎手のイン突きに応えてクビ差競り勝つという競馬。3歳時から割と気に掛けていた馬なのでこの勝利は嬉しかったです。ただ、ゴール後の故障にはビックリしました。

一応、歩けているようには見えたので、最悪の事態はないかなとは思っていたのですが、実際どうかは分からないですからね・・・。とりあえず、右前肢のハ行ということで大事に至らずホッとしました。

明日に精密検査をするそうなので、その結果待ちではありますが、また元気な姿でターフに戻ってきて欲しいなと思います。

最後に。スペシャルウィークの訃報は本当に残念です。98年クラシック世代が私の一番好きな世代なのですが、これでまた思い出の馬が1頭いなくなってしまい寂しいですね。

その中でも一番好きだったグラスワンダーはまだ存命なので、生きているうちにまた会いに行きたいなぁ。

4年前に会った時↓。
http://kiseki-no-kiseki.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-5392.html

スペシャルウィークのご冥福をお祈り致します。

2018年4月 8日 (日)

2018年度スタート

正月休み以来のブログ更新です(苦笑)。いきなりこんなに空くとはという感じですが、一応元気(?)にやってます。

とりあえず、毎年恒例の年度末の激務は過ぎ去り、新年度の激務が始まりました(結局激務かよ・・・)。今月は21時帰宅を目標で。

組合の春闘の方も無事終わり、賃上げは断念しましたが、勤務時間15分短縮の要求は成功。

今まで8:45出勤だったものを9:00に変更しました。週5で4週間勤務とすると、単純計算で1ヶ月で約5時間短縮。半日分の給料の賃上げに成功したと考えると結構大きい事かなと個人的には思ってます。ある先輩には「始業時間変わっても出勤時間は変わらない(乗る電車が変わらない)から意味ない。」と言われましたが、まあそれは個人の問題なので。

業績も何とか右肩上がりになってきたので、来年は賃上げに成功出来るように。今後は夏のボーナスの戦いが控えてますので、引き続き頑張りたいですね。

仕事ばかりの生活でも困るので、気分転換に今日は渋谷に行ってきました。

ゲームセンターCX博物館~レトロゲームと歩んだ15年~
http://www.hmv.co.jp/news/article/1802070053/

たまたま今日がイベント最終日だったので、混んでいるかなと思ったら結構空いてました(苦笑)。そこそこ長くいましたが、常時10~15人ぐらいだったかと。でも、知名度的にはそんなものなのかな。

20180408_01

20180408_02

20180408_03

有野課長と菅さんの直筆メッセージ。

20180408_04

挑戦部屋完全再現。もちろんこの後課長ジャンパーを着て記念写真撮りました(笑)。

20180408_05

グッズも結構買ってしまった。
(Tシャツ、モバイルバッテリー、タンブラー)

20180408_06

イベント楽しかったですね。良い気分転換になりました。10月の幕張メッセのイベントには行きたいけど気力が・・・。

・野球
今シーズンのプロ野球がついに開幕しましたね。我が西武ライオンズは27年ぶりの開幕8連勝と黄金時代復活かと思わせるような快進撃。いや~、強い強い。

先発が試合を作って、主軸がしっかりと点を取るという理想的な試合展開がほぼ毎試合出来ていて良い雰囲気ですね。

気になる点はあまりないですが、強いて挙げれば中村がちょっと元気が無いのと、昨日も今日も最終回に点数を取られている事ぐらい。

まあ、中村は毎年スロースターターなので、徐々に調子を上げていってもらえれば。終盤に点を取られるのは毎年ですし、牧田が抜けた穴もあるので、7~9回は皆でカバーしていくしかないですね。

今年のチームスローガン「CATCHtheFLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!」を是非とも現実に!

地元のソフトボールも一足早く3月に開幕しました。リーグ戦3連覇中のエンジェルスは先週までで8勝2敗と4連覇に向けて好発進。

私の方も右ひざの手術が無事成功し(まあ、水を抜いただけですが)、何とか7~8割程度であれば走れるぐらいまで回復したので、約1年半ぶりに復帰しました。

まだ守備には不安があるので、8番DHとか9番DHで試合に出させてもらっていますが、やっぱりプレーするのは楽しいですね。徐々に慣れていければ。

・競馬
春のG1シリーズが始まりましたが、全然当たらないですね(泣)。ちなみに、今年のG1の予想は下記の通り。

フェブラリーS ◎ゴールドドリーム  1番人気2着
高松宮記念   ◎レーヌミノル    7番人気7着
大阪杯     ◎アルアイン     2番人気3着
桜花賞     ◎ラッキーライラック 1番人気2着

高松宮記念はちょっと穴狙いましたが、他は素直に買っているつもりなんですけどね。ただ、基本馬単買いなので本命が1着に来ないとどうしようもなく。

そんな中、来週の皐月賞は「ダノンプレミアムで決まりだ」と思っていたらまさかの出走回避。三冠も期待できただけにこの回避は残念ですね。これにより一気に混戦ムード。予想が難しいですね。

実績で考えるとダノンプレミアムに迫った事のあるステルヴィオ、ワグネリアンが有力かと思いますが、突き抜けている強さではないので流れ一つで着順が変わりそうなメンバー。

一週間あるのでいろいろ考えたいと思います。連敗を止められますように。

2018年1月 3日 (水)

第94回箱根駅伝、青学大4連覇

今年の箱根駅伝は圧倒的な強さで青山学院大が4連覇という結果に終わりました。4連覇は史上6校目の快挙。原監督の「ハーモニー大作戦」が見事に決まりました。

往路でトップの東洋大と36秒差の2位でフィニッシュすると、復路の6区で早々と逆転してトップに。7区で箱根初出場の林選手が区間新記録の快走を見せると、8区の下田選手も区間トップで走り抜けほぼ勝負あり。

タイムも唯一の11時間切りの10時間57分台でゴールされては他大学は太刀打ちできずでしたね。区間トップが4人、一番悪い場所でも区間9位という層の厚さを見せつけられました。

優勝の立役者はやっぱり金栗杯を獲得した林選手でしょう。初出場で区間新記録とは原監督も嬉しい誤算だったのでは。しかも、今年走ったメンバーが7人も残りますし、5連覇に向けて視界良しですね。来年はどんな「大作戦」でくるのかも注目です。

2位は東洋大。これで3年連続で準優勝と悔しい結果。往路はトップで終わるも、復路で逆転されて以降は追いつくことが出来ず。それでも3位を6分以上も離していますし、普通であれば優勝出来るタイムなんですよね(実際、昨年の青学大の優勝タイムより速い)。

今大会では1年生を4人も起用するなど、今年走ったメンバーが9人も残るのでチーム力をアップして、「その1分を削り出せ」ぐらいの気持ちでリベンジして欲しいなと思います。

他では東海大、神奈川大がどれぐらいやれるかなと見ていましたが、それぞれ5位、13位という結果。

戦前は青学大を含め「三強」と言われたりもしていましたが、終わってみれば実力の差を見せつけられた感じです。やっぱり箱根は「10人」で走るというのが一番難しい所ですね。

復活に期待していた駒沢大は9年ぶりのシード落ちとなる12位。エース工藤選手がレース中に故障し不本意な走りだったことも多少は響いたかもしれませんが、かつての常勝軍団がシード落ちとは寂しいですね。次の大会は予選会からになりますが、大八木監督がどのように立て直すかに注目です。

個人的に応援していた山梨学院大の上田選手は区間18位と苦しい走りになってしまいましたね。残念な結果に終わりましたが、最後の親子鷹頑張ったと思います。運営管理車から飛ぶ監督の檄にはちょっとくるものがありました。

いつも応援している関東学生連合はぶっちぎりの最下位・・・。病気や故障で主力を欠いたとはいえこの結果は何とも。ここまで悪くなると存続の危機が。来年はもう少し頑張って欲しいですね。

ただ、今回から選抜資格が「本戦出場経験がゼロであること」となったため、一度でも箱根駅伝に出た選手は出られないという事に。これだと強いチーム編成はなかなか難しいのかなと。この辺りはもう少しルール再考の余地があると思います。

今年もいろいろありましたが、最終的には棄権もなく、全員無事に走り終えることが出来て良かったです。来年も全員無事完走できますように。

三が日も終わり、7連休も明日で終わり。せっかくの連休だったのに、何だか調子が悪くてほぼ横になって過ごしてました・・・。出勤すれば多分治るんだろうなぁ(苦笑)。

P.S.
「君の名は。」を見ましたが、ただの男女の入れ替わり話かと思っていたので、中盤からの展開に「そういう展開になるのかー。」と良い意味で裏切られました。個人的に時空が絡む話は好きなので良かったです。

後は「背景が綺麗だなぁ」とか「音楽が良いなぁ」と感じたのが正直な感想です。一回見ただけでは「?」の部分もあったので、機会があればまた見てみたいですね。

2018年1月 1日 (月)

2018スタート

明けましておめでとうございます。今年も1年よろしくお願いします。

20180101_01

だるまおみくじを引いたら大吉が出ました。これは今年良い事がありそうな気が。

20180101_0220180101_03

新年ということで、毎年恒例である昨年の目標の結果発表を。

・馬券回収率80%以上(照男さんの馬券回収率100%以上) ×
約73%で達成ならず。地方のみだと約95%。照男さんに関しては約72%でした。とりあえず一昨年より改善したのは○。ちなみに、競艇は約235%でした(あんまりやってないけど)。そろそろ本格的に競馬→競艇にシフトするべきか(苦笑)。

・G1的中6回以上(地方、海外でもOK) △
春1回(高松宮記念)、秋4回(菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯、マイルCS)で達成ならずも、昨日の東京2歳優駿牝馬(S1)も含めれば何とか。まあ、天皇賞・秋もトリガミなんですけどね(レインボーラインの複勝のみ)。

・海外馬券を当てる ×
ドバイWCデー、凱旋門賞、香港国際競走にチャレンジするも1回も当たらず・・・。

・野球、ソフト併せて15試合以上参加 ×
草野球(高校OB)1試合のみで、エンジェルス(ソフト)とHelios(野球)は全く参加できず。参加した1試合も人数合わせで出たという感じで・・・。右ひざ痛を治さない事には試合するのは厳しいですね。

・減量する(60キロを切る) ×
65~66キロをキープで減らせず・・・。増えなかっただけ良いか。

うーん、やる気が感じられない結果ですね(苦笑)。やる気だけではどうにも出来ないのもありますけど・・・。それでは今年の抱負を。

・馬券回収率80%以上(照男さんの馬券回収率100%以上)
・G1的中6回以上(地方、海外でもOK)
・海外馬券を当てる
・野球、ソフト併せて5試合以上参加(ひざを治す)。

昨年とほぼ同様ですが、今年はこの4つを目標にします。この中では4番目の試合に参加を重視で。まずは運動できる体を取り戻したいです。後はここ最近年1回は何かしらの病気になるので、健康に生きたいですね。

恒例の今年のテーマは「謙虚」で。ここ2、3年謙虚さが無くなっている気がするので(特に仕事で)、今年は誠実に謙虚に頑張っていきたいと思います。

結構仕事中、身内、客先関係なく言いたい放題している部分があるので(もちろん言った分はやっているつもりですが)、今年は嫌な仕事、無理な仕事を頼まれても小言を言わずニコニコやろうかなと。逆に「大丈夫か」と言われるかもしれませんが(苦笑)。三日坊主にならないように。

明日は箱根駅伝ですね。今回もあんまり事前情報は調べていませんが、今年もやっぱり青山学院大が強い気がします。

出雲2位、全日本3位と若干後れを取ったものの、1区間20キロの箱根であれば十分巻き返しは可能でしょう。「ハーモニー大作戦」で4連覇なるか注目です。

後は出雲、全日本でそれぞれ優勝した東海大、神奈川大が箱根でどこまでやれるか。やっぱりその2大会と箱根が違うのが「距離」と「人数」なので、メンバー内で8、9、10番手のランナーが上手く走れれば上位にいけるかと。

駒沢大の復活にも期待したいですね。全日本でも4位と成績も悪くないですし、5位以上は十分狙えそう。後は大八木監督の檄に選手が応えられるか。

個人的には山梨学院大の上田選手に頑張って欲しいですね。最後の親子鷹を見守りたいと思います。それと関東学生連合をいつも通り応援。

今年も全員無事に完走できますように!

2017年12月31日 (日)

2017大晦日

今年もあとわずかとなりました。今年も早かったなぁ。毎年言っているような気がしますが、今年が今までで一番早く過ぎ去った1年だったように思います。

特に9~12月は仕事と組合がホント忙しく一瞬で終わったという感じで。それでも有馬記念と東京大賞典は何とか観戦に行けたので良かったです。

冬休みは29日~4日の7連休を頂きました。そして、5日に出勤してまた3連休。5日も休めれば夢の11連休になりましたが、まあそうはいかないのが仕事と言う事で。

昨年同様、ゴロゴロしながら地方競馬をしていたところ、今年も東京2歳優駿牝馬をゲット。◎グラヴィオーラ(9番人気)の単勝で。

20171231_01

4コーナーで手応えが良かったので、「いけるかも」と思ったのですが、直線早め抜け出しで押し切るという強い競馬でした。今野騎手ありがとうございました。毎年このレース買おう(笑)。

さて、今年もブログや記憶などから1年を振り返ってみます。

・箱根駅伝は青学大が優勝し、3連覇&大学駅伝三冠達成。
・WBCはベスト4。牧田のオランダ戦での力投に感動。
・友人の結婚式に出席。競馬仲間をまた1人失う(苦笑)。
・一口馬・シャンドランジュが地方で単勝1.0倍に推されるも8着惨敗・・・。
・3月の繁忙期に残業代100時間超でへとへとに。
・G1に昇格した大阪杯の初代王者はキタサンブラックに。
・春闘で昇給の継続を死守&ボーナスアップに成功。
・皐月賞に6年ぶりに参戦。サトノアレスで勝負し撃沈。芝コース開放を楽しむ。
・GWに調査を入れられ9連休消滅。ちょっとと言うかかなりおこ。
・今年もメーデーに参加。小池百合子都知事のありがたーいお言葉を途中まで聞く(苦笑)。
・月1ぐらいで映画を観に行くようになる。
・健康診断で4年連続で要再検査通知。生命の危機。
・今年もダービーに参戦し、サトノアーサー本命でハズレ。これで16年連続不的中。
・宝塚記念で初めてキタサンブラックをG1で本命にするも9着惨敗。
・府中の芝、ダートコース開放のイベントに参加。ダートの砂を持って帰る。
・藤井聡太四段が公式戦29連勝の新記録。
・土浦祇園祭に参加。駅前の変わりように驚く。
・ドラクエ11が発売も、PS4も3DSもないためプレイできず・・・。
・西武ライオンズ、59年ぶりの13連勝。
・一口馬・コンダクトレスがデビュー勝ち。
・一方、シャンドランジュ、ヴェリタブルはそれぞれ未勝利で引退。
・ニンテンドースイッチを近所のノジマで奇跡のゲット。
・睾丸付近の痛みに悩まされる。診断結果は精索静脈瘤。
・陸上男子100mで桐生選手が日本人選手初となる9秒台(9秒98)を達成。
・西武ライオンズ、4年ぶりのAクラス。
・不良馬場の天皇賞・秋を観戦。サトノクラウンから馬単勝負で涙。
・18年連続で有馬記念参戦。キタサンブラックを外す暴挙に出て今年はハズレ。
・有馬記念当日の中山5Rで照男さんのウイングセクションが快勝し年間10勝達成。
・東京大賞典に参戦。3年連続で本命だったコパノリッキーを裏切り撃沈・・・。
・2年連続で東京2歳優駿牝馬をゲット。

競馬ネタが多いのと、後半はホントに仕事漬けだったのであまり何も印象に残っていないという感じの振り返りになってます。

特に後半は仕事も忙しかったのですが、「病気」にも悩まされましたね。元々、5月のGW付近で左の玉が痛いなぁと思いつつも2週間程度で治まったので放置していたら、8月のお盆ぐらいから痛みが強くなり始めて、痛み止めの薬をもらいつつ3ヶ月ほど病院に通うハメに。

最終的にMRI検査までやって、精索静脈瘤と判明。病気としては事務系で座っている時間が長い人やトラックの運転手などがなりやすいみたいです。

痛い時の痛みとしては2、3秒おきに玉をハンマーで叩かれているような鈍痛が続く感じで、耐えられない痛みでは無いものの、長時間続くとちょっと滅入りますね。

で、手術するかどうかの話にもなったのですが、ここ1ヶ月は痛みも治まってしまっているのでとりあえずは様子見で今に至ってます。経過観察で2月にもう一度検査してどうかという感じです。来年は健康で行きたいですね(切実)。

他では今年から誘いもあって月1ぐらいで映画を観に行き始めたのですが、おそらく年間で一番映画を観た1年だったかと思います。一応、観た順で「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」、「美女と野獣」、「メアリと魔女の花」、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「三度目の殺人」、「亜人」、「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」、「DESTINY 鎌倉ものがたり」。うーむ、結構観たなぁ。

この中では、「亜人」は面白かったですね。こういうハチャメチャなの好きです。スカッとしました。後は「DESTINY 鎌倉ものがたり」はほっこりしましたね。高畑充希がかわいい。

それといつものゲーム関連では、今年は「ニンテンドースイッチ(スプラトゥーン2セット)」を買えたんですけど、2回程度遊んだだけで今は箱の中という宝の持ち腐れ状態。

20171231_02

しかも、「チャンピオンジョッキー スペシャル」をやるために買ったのでスプラトゥーン2自体はプレイしていないという状況(苦笑)。スイッチを持っていない世のお子様方に怒られそうです・・・。

年頭に掲げた今年のテーマは「柔軟」でしたが、今年は50点もいってないかなぁ・・・。結構いろんな人に「頑固」と言われるんですが、若干は緩和されたようなされてないような。もう少し周りの流れに合わせられるように頑張ります。個人的には合わせてるつもりなんですけどね・・・。

今年も1年、私のホームページ、ブログに来ていただきありがとうございました。皆様も良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

«第63回東京大賞典

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ