« 2012スタート | トップページ | 真かまいたちの夜、読了率100% »

2012年1月 3日 (火)

第88回箱根駅伝

今年の箱根駅伝は昨年21秒差で涙を呑んだ東洋大学が2年ぶりの優勝となりました。往路、復路、総合タイムを全て塗り替えての優勝は圧巻の一言。

2区で先頭に立つと、4~8、10区と6区間で区間賞では他の大学はどうしようも出来ず。結果、復路では13校が一斉スタート。戸塚で3校、鶴見で4校が繰り上げの憂き目に。2位を9分以上離しての優勝はただ凄いとしか言いようがないです。

昨年、早稲田大が11時間を切った時も凄いタイムだなぁと思いましたが、その記録をさらに8分以上も更新ですからねぇ。この記録はしばらく破られないでしょう。1人でも足を引っ張ってしまうと苦しくなるのが駅伝ですが、逆に全員が最高の走りをすると凄いタイムが生まれるのだなぁとしみじみ。

エース柏原選手が抜けても設楽兄弟を含む6人が残りますし、来年以降も上位争いは必至ですね。

最後の山登りとなった柏原選手は4年目にして初めてトップでのタスキリレー。大逆転を楽しみにしていた私にとっては少々残念でしたが、余裕を持った走りでスイスイと山を登り切り、4年間の集大成を見事区間新で決め有終の美を飾りました。

1年生の時の衝撃からもう4年とは。早いですね。毎年楽しみにしていたのに、もう箱根でその走りが見られないと思うと寂しい。今後は富士通に進む予定との事。世界の舞台での活躍を期待です。4年間お疲れ様でした。

他の大学では明治大の健闘が光りました。東洋大、早稲田大、駒沢大の三強にどこが割って入るかなぁと見ていましたが、全体的にムラの無い走りで最後はエース鎧坂選手が3位へ押し上げフィニッシュ。こちらも来年以降も残る選手が多いので楽しみですね。

関東学連選抜は一時は7位とシード権内にいたのですが、後半大失速で17位でゴール。往路が10位だっただけにちょっと勿体なかった感じです。

東京農大は5区で津野選手が脱水でフラフラになるアクシデント。そういう状況でも必死になって走り続ける姿を見るとやっぱりウルウルときますね。そこまで出来るのはやはり襷力のおかげなのでしょう。

往路はダントツの最下位になってしまいましたが、復路は11位と健闘。繰り上げの憂き目に遭う事も無く、見事タスキを繋ぎ切りました。

神奈川大の鶴見でのギリギリリレーも、走者が2回も転倒しながらも何とか無事タスキが繋がったのは嬉しかったですね。

という感動がある一方、東海大、上武大、日体大の9区ランナーは戸塚、鶴見でどちらも繰り上げスタートとなったため、タスキを受け取る事も渡す事も出来ないという悲劇。こういう厳しさも箱根駅伝ならではかと。それでもこの悔しさは今後の糧になるはず。

次はどんな選手が出てきてくれるのでしょうか。でも、柏原選手以上の選手はまず出てこないだろうなぁ。

と、順天堂大の今井選手がいなくなった時も同じように思っていたので、また新たにワクワクさせてくれるランナーが出てきてくれる事でしょう。

来年は東海大・村澤、青山学院大・出岐、國學院大・寺田の3選手に注目。

・Wii Fit
Wii Fit測定せず。

やっぱり駅伝とかマラソンとか見ていると、走りたい気分になってきますね。今週末辺りからかすみがうらマラソンに向けて走り出そうと思っています。

明日から仕事です。あっという間に休みが終わってしまいました。

« 2012スタート | トップページ | 真かまいたちの夜、読了率100% »

Wii Fit」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/53644664

この記事へのトラックバック一覧です: 第88回箱根駅伝:

« 2012スタート | トップページ | 真かまいたちの夜、読了率100% »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ