« 第29回フェブラリーS | トップページ | サプライズバースデー »

2012年2月26日 (日)

3年経過

もうそろそろ3月という事で壁紙を春っぽくしました。

今日は東京マラソンやってましたね。テレビで見てると5時間くらいは簡単に切れそうに見えなくもないのですが、これがやってみるとホントにきつい。一度でも走った事がある人なら分かると思いますが。

5時間切りも出来ない私にとって、それが出来るだけでも尊敬に値します。走られた方本当にお疲れ様でした。私もかすみがうらマラソンに向けて頑張ります。

・Wii Fit
Wii Fitを始めて3年が経過。1月の結果はこちら。

  体重(BMI) 体脂肪率
09/2/1開始時 63.1kg(22.90) 24.9%
12/31測定時 62.8kg(22.79) 27.1%
1/30測定時 61.9kg(22.46) 31.5%
増減(1月) -0.9kg(-0.33) +4.4
増減(通算) -1.2kg(-0.44) +6.6
最高(1月) 61.9kg(22.46) 31.5%
最低(1月) 61.6kg(22.35) 29.1%

かすみがうらマラソンに向けて走り出す予定が、年明け早々いきなり風邪で出遅れ。休日と天候不良が重なる不運もあって、1月は結局2回しか走れず。2月も今日を入れて3走と走り込みが足りない感じ。本番まで2ヶ月を切っているので、最低でも週1のペースで走りたいですね。

今日のからだ測定(19:30に計測)
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/balance/index.html

体重 61.6kg
BMI 22.35(標準)
バランス年齢 20歳(-12)
体脂肪率 29.9%(高い)

20120226_01

・体重計計測
体年齢 36歳(+4)
内臓脂肪レベル 6.5(標準)
皮下脂肪率 17.7(高い)
基礎代謝量 1441kcal(標準)
骨格筋率 30.4%(低い)

今日の主な運動
・その他
ランニング(4053m(GPS)、23分8秒)

20120226_02

最初の1キロをいつもよりもかなり早く入り過ぎてしまい、その後ガタガタに。1キロ5分30秒切りで走るのはまだまだ厳しい感じです。

・競馬
今日は中山記念と阪急杯の2つの重賞が行われ、それぞれ3番人気フェデラリスト、4番人気のマジンプロスパーが勝利。

中山記念は大逃げを打ったシルポートの逃げ切りが決まるかと思ったところ、フェデラリストがスルスルと最内から脚を伸ばし、ゴール寸前でシルポートを捕らえて1着。これで1000万勝ちから4連勝とこの勢いは本物。今後どのような路線を歩むのか注目です。

一方、1番人気トゥザグローリーは10着惨敗。距離短縮、馬場など不安要素はいろいろあったとは思うのですがそれにしても負け過ぎ。トランセンドに続いてこちらもドバイに向けて不安が・・・。

阪急杯のマジンプロスパーは4角先頭で抜け出すとそのまま押し切って優勝。オーナーの大魔神・佐々木はヴィルシーナに続いてまたも重賞勝利。ただ、今回のメンバーはやや小粒でしたので、この結果がそのまま本番に直結するかどうか。

馬券はそれぞれリアルインパクト(3着)、オーセロワ(14着)で勝負しそれぞれハズレ。中山記念は1、2着馬を相手に持っていたので3連複にしておけば・・・ですね。

今日の中山は芝での逃げが決まっていたので、最初はシルポートからの馬連も考えたのですが、あまりにも見え見え過ぎたのでやめちゃったんですよねぇ。でも、まさかホントに粘ってしまうとは・・・。

オーセロワは直線入った時点でダメでしたね。ペースがちょっと速すぎだったかも。

・今日の最終
中山12R 1000万下
◎メイショウツチヤマから馬単流し・・・をしたつもりが、間違えてハッピーカオルから買ってしまい奇跡的にゲット。

20120226_03

発走前に買い目を見直した際、馬番を間違えている事に気付き天を仰ぎましたが、終わってみれば間違って正解でした(苦笑)。まあ、運も実力のうちという事で。春の中山開幕週で好スタートを切る事が出来たので、このペースで皐月賞まで行ければ。

さて、今週は騎手、調教師の引退週でしたが、引退組で一番印象に残っている人はやはり高橋亮騎手ですね。

1998~2001年ごろ、師匠の橋口調教師絡みで照男さんと騎乗馬を共有していて気になる存在だったので。ロサードに始まり、コウエイロマン、イブキガバメント、テンシノキセキ、キタサンチャンネル等々。懐かしいですね~。

ダイタクリーヴァで1つはG1を獲らせてあげたかった。皐月賞はほぼ完璧な競馬だったのですが、エアシャカールの強襲に屈してしまい2着・・・。ちなみに、私はラガーレグルスから勝負して、1秒で馬券が紙くずになりましたけど(泣)。

その後はいろいろあって騎乗数が減り、勝ち星が減りでツライ時期もあったと思いますが、見事調教師試験に合格。

引退レースとなった今日のブラッドストーンSで、同じくこのレースで引退する父の高橋隆調教師が管理するニシオドリームに騎乗し、有終の美を飾ることが出来たのは出来過ぎとはいえ嬉しかったですね。

この若さ(34歳)で調教師の仕事をこなすのはいろいろ大変だと思いますが、今後は騎手として成し遂げる事が出来なかったG1獲りを目指して頑張ってほしいです。

« 第29回フェブラリーS | トップページ | サプライズバースデー »

Wii Fit」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/54079051

この記事へのトラックバック一覧です: 3年経過:

« 第29回フェブラリーS | トップページ | サプライズバースデー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ