« 2012かすみがうらマラソン前夜 | トップページ | クラウドチェンバー、初の掲示板外 »

2012年4月15日 (日)

2012かすみがうらマラソン

「痛みに耐えて、良く完走した。感動した。」

3度目のフルマラソンでしたが、今までで一番きついレースになりました。それでも必死の思いでゴールまで辿り着くことが出来ました。完走万歳。

会場へは9時前ぐらいに到着。いつものように人、人、人。

20120415_01

ゼッケンを忘れてきた(おい)友人と落ち合ったところで、ウォーミングアップ。ちなみに、ゼッケンは代わりの物をもらえるそうです。やっぱり忘れてくる人いるんでしょうね・・・。

スタート15分ぐらい前にスタート地点に並び、友人は4時間、私は5時間のタイム設定でいざスタート。

今回もGarmin 405の記録を見ながら、走りを振り返ってみようかなと思います。と言っても、まさかの電池切れのため記録が途中までしか取れていません・・・。前日にフル充電したはずなのに。

20120415_02

20120415_03

・スタート
今回は前目のスタートだったので、5分18秒ほどでスタート地点通過。まずは周りの様子を見ながらの走り。

結構コスプレの人が多くて面白かったり。着ぐるみの人とか、スーツの人とか、ゴスロリの人とか明らかに走り難いだろって人もいて逆に凄いなぁと。

サンデーレーシングの人に抜かれてちょっと悔しかった。私も次回は勝負服で挑みましょうか。ダイタクヤマトあたりで。売ってないかな。もしくは、ライオンズのユニフォームとか。

・~10キロ
2~3キロ地点ぐらいで早くも左ひざに違和感が。痛みが無い状態でどこまで行けるかなと思いつつ、だましだましながらの走りに。とりあえず、予定通り1キロ6分~6分15秒で進む。10キロ通過は1時間7分程度。

・~ハーフ
10キロを過ぎたあたりで、左ひざの痛みが激しくなってくる。さらにその焦りもあったのか、かなり体が苦しい感じに(心拍数が普段よりかなり高い)。

これはまずいと思ったので、12.5キロの給水で休もうと思ったら、ここに給水ポイントはなく・・・。もう少し走ったところで、会社さんでトイレを貸してくれているところがあったので、そこで給水&ちょい休憩。ただ、ここでの休憩後、足が痛くて全然動かせない状態に。

それでも何とか15キロぐらいまではのろのろ走るも、15キロの給水以降はもう痛みで走れず。一旦、「棄権」の2文字が頭をよぎったものの、とりあえず行けるところまで行こうと。ここから長い長い道のりが始まりました。ハーフは2時間40分程度で通過。

・~30キロ
折り返し地点を過ぎた当たりで人がかなりまばらに。おそらく相当後ろなんだろうなぁと思いながらも歩く歩く。

25キロを過ぎたあたりで足の痛みがますます酷い感じに。このあたりまで来ると、各給水所のテントでバスの収容を待っている棄権組が目立ってくる。

頭の中で「よくここまで頑張った。無理して怪我しても意味無いしここで棄権しなよ」という悪魔のささやきと、「せっかくここまできたんだから、ここで諦めたらだめ」という天使のささやきがぐるぐるしてました。30キロは4時間30分程度で通過。

・~40キロ
32キロを5時間程度で通過した後、Garminのバッテリー切れ。時間が全く分からなくなる。でも、このペースだと7時間超え必死。それまで会場やってるかなぁとか、もう友人は到着して待ってるだろうなぁとか思いつつ、今出来ることはとにかく前進すること。

35キロ過ぎあたりから左足をかばっていたせいか、右足にも痛みが。追い打ちをかけるように、15:30を過ぎたので交通規制解除。ここからは歩道を歩いて行くことに。

37キロ付近で最後の収容バス通過。運転手さんに「どうします?」と聞かれるも、迷わず「NO」。38キロ付近で終了を告げる花火が・・・。分かっていたけど、制限時間内に着けなかったのは悔しい。

・~ゴール
交通規制を解除された時点で距離のプラカードを持っている人がいなくなっているので、残りがどれぐらいなのか分からない状態(地元だから大体は分かるけど)。とにかく完走してやるという気力だけで前進前進。

会場が見えた時はホント泣きそうでした。静まり返った会場に入ると「おーい」という声が。友人でした。わざわざ待っててくれてありがとう。会場のタイムを見ると7時間6分程度だったので、せっかくだから7時間7分7秒のスリーセブンでゴールしてみました。もちろんタイムオーバーなので記録には残りませんが、やりきった達成感で一杯でした。

一応、完走賞。記録が出ないとの事だったので、賞状だけもらいました(苦笑)。

20120415_04

過去2回と比べて全ての面において最低の走りになってしまいましたが、自分自身に打ち勝つ意味では最高の走り(というか歩き)が出来たと思います。

棄権しなかった理由としては、元々棄権が嫌いというのもありますが、おそらく今回棄権したら次回以降も辛くなったらあっさり棄権してしまいそうな気がしたので。

それでも沿道の声援が本当に力になりました。もうほとんどのランナーが通過した後、こんな遅い人のためにわざわざ待っててくれて。前後にあまり人がいないので、正に私だけの応援って感じで。恥ずかしくもありましたが、嬉しくもあり。

応援をもらう度に、こちらも皆さんに「ありがとうございます」と返して。こういう人と人との繋がりっていいなぁと思いました。

ただ、やっぱりいろいろな人に迷惑をかけてしまった事も事実。ボランティアの方々にはゴールまで待っててくれてありがとうございますと言いたいです。

やはりこうなってしまった原因としては、元々コンディションに不安があったのに無理して出場してしまったこと。状態が万全でないのに走れるほどフルマラソンは甘くないと言うのを改めて感じました。次回以降は少しでも不安がある場合は、レース前に止める勇気も持ちたいですね。まずはしっかり怪我を治したいと思います。

ちなみに、優勝したのは公務員ランナー・川内優輝選手でした。優勝タイムは2時間22分38秒ということで、調整間隔で優勝してしまうなんてやっぱり凄いなぁと。次のオリンピック出場目指して頑張ってほしいですね。

参加賞のTシャツとポーチ(タオル入り)。

20120415_05

・競馬
スリーセブンでのゴールが良かったのか皐月賞的中してましたね。初志貫徹してホント良かった。今年のテーマである誠実な予想が活きました(笑)。

20120415_06

これで予想大会の方はこれで早くも回収率100%以上が確定。うーん、これなら1万円企画止めなきゃ良かったなぁ(苦笑)。まあ、額が変われば買い目も変わるかもしれないので何とも言えませんけど。

皐月賞の結果自体は携帯で知っていたのですが、自宅に帰って映像見て驚きましたね。まさか最後方からレースをしていたとは思わず。そして、圧巻は3コーナーから。

各馬、馬場の悪い内を避け外を走るところ、ゴールドシップただ1頭だけぽっかり空いたインコースへ。大外へ回ったワールドエースとここで明暗が分かれましたね。

この選択はかなり勇気が要ったと思うのですが、そのままスルスル上がっていくと4コーナーではあっという間に先団に。あとはそのまま前の馬を交わして、最後は2着ワールドエースに2馬身半の差を付けて快勝。内田騎手の好騎乗とそれに応えたゴールドシップの勝利だったと思います。

ちなみに、昨日話した「この春に中山を使っていない馬」のワンツー決着。たまたまかもしれませんが、やっぱり今春の中山を走った馬はそれなりにダメージがあったのではないかなぁと。

個人的にはゴールドシップにとって三冠の中では皐月賞が難関だと思っていただけに、ここを突破できたことは三冠に向けてかなり視界良しな感じがします。

中山より東京の方が断然合っていると思うので、次のダービーももちろん◎でいきます。

・Wii Fit
今日のからだ測定(20:10に計測)
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/balance/index.html

体重 60.6kg
BMI 21.99(標準)
バランス年齢 測定せず
体脂肪率 29.0%(高い)

ほとんど歩いていただけなので、いつものように大幅減にはならず。明日は足がボロボロになっていそうで怖い。

« 2012かすみがうらマラソン前夜 | トップページ | クラウドチェンバー、初の掲示板外 »

Wii Fit」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/54485291

この記事へのトラックバック一覧です: 2012かすみがうらマラソン:

« 2012かすみがうらマラソン前夜 | トップページ | クラウドチェンバー、初の掲示板外 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ