« 2013スタート | トップページ | 2013年初競馬の結果は・・・? »

2013年1月 3日 (木)

第89回箱根駅伝

今年は悪条件(強風)も重なり、例年以上に各校の底力が試される箱根駅伝になりましたね。そのレースを制したのは予選会から勝ち上がってきた日本体育大学でした。30年ぶり10回目の総合優勝で、予選会からの優勝は16年前の神奈川大学以来史上2校目とのこと。

昨日の往路では5区山登りで服部選手が激走し、26年ぶりの往路優勝を果たすと、今日の復路では一度もトップを明け渡すことなく、そのまま逃げ切りを決めました。

確かに予選会を1位で通過してきたことや、昨年の全日本大学駅伝で4位健闘と実力はそれなりにあったにせよ、昨年19位からここまで巻き返せるとは正直思っていなかったです。それだけにこの1年で相当な努力をしてきたのでしょう。優勝おめでとうございます。

やはり優勝の原動力は5区の服部選手でしょう。さすがに山の神と比べてしまうとかわいそうですが、悪条件の中、個人で2位と2分近くも差を付ける快走はお見事。例年の条件であれば今井超えは出来ていたかも。来年も期待したいですね。

もちろんそれ以外の選手も安定した走りで、1人もブレーキになった選手がいなかった事が一番大きかったと思います。

私が優勝候補に上げた東洋大、駒沢大はそれぞれ2、3位という結果。東洋大はやはり柏原が抜けた穴が大き過ぎたかなという感じで。総合力は十分だと思うので、来年はいかに山をうまく乗り越えるかがカギになりそうです。

駒沢大は往路で9位と出遅れたのが痛かったですね。復路は優勝と実力があるところを十分に見せてくれただけに、往路がもう少し何とかなっていれば・・・という気も。

来年、一旦廃止される関東学連選抜は今年も往路は10位とそれなりだったものの、復路が17位に終わり、総合13位という結果。最後に意地を見せて欲しかっただけにちょっと残念でした。

残念と言えば往路で中央大、城西大の2校が5区で棄権。風速18mという強風の中、どちらも低体温、脱水症状でダウン。中央大は28年連続続いていたシード権を失うという結果に。

上記以外でも各所でフラフラになる選手が出るなど波乱の連続だった今年の箱根駅伝ですが、それだけ厳しいレースであるというのを改めて感じました。

今年のレースが終わり、すでに来年に向けての戦いが始まりました。日体大が連覇を果たすのか、それとも他の大学が負けじと巻き返すのか。また1年後を楽しみに待ちたいと思います。

正月休みも終わり、明日から仕事。気持ちを切り替えて頑張ります。

・Wii Fit
今日のからだ測定(17:40に計測)
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/balance/index.html

体重 63.6kg
BMI 23.08(標準)
バランス年齢 22歳(-10)
体脂肪率 29.7%(高い)

20130103_01

今日の主な運動
・その他
ランニング(5089m(GPS)、31分25秒)

20130103_02

自分も負けてられん、と言う事で5キロほどランニングを。この時期にこのぐらい走れればまずまずでしょう。

正月太りになっているので、昨年同様1ヶ月1キロほど減らしていき、かすみがうらマラソン本番までに60~61キロぐらいに持っていくつもりです。

« 2013スタート | トップページ | 2013年初競馬の結果は・・・? »

Wii Fit」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/56460866

この記事へのトラックバック一覧です: 第89回箱根駅伝:

« 2013スタート | トップページ | 2013年初競馬の結果は・・・? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ