« 第30回マイルCS | トップページ | 第14回ジャパンCダート »

2013年11月24日 (日)

第33回ジャパンC

ジャパンCは1番人気ジェンティルドンナが、追い込んできた7番人気デニムアンドルビーをハナ差退けて、見事史上初となるジャパンC連覇を達成しました。

ジェンティルドンナはスローペースとは言え、最後の直線で早めに先頭に立たされて苦しい展開だったと思いますが、ハナ差でも押し切ったのは見事。

逆に、デニムアンドルビーも3歳牝馬ながら女王にハナ差まで迫り良く頑張ったと思います。そう考えるとここにメイショウマンボが出ていたら結構良い勝負してたかもしれませんね。

一方、ジェンティルドンナと人気を分け合ったゴールドシップは後方から進めるも見せ場なく15着。最近はスタート後に押して先行していましたが、今日は馬の気分に任せたのか馬なりで最後方からのレース。

前半62.4の超スローペースで最後方と言う、あまり切れる脚の無いゴールドシップにとっては厳しい展開になりましたが、それにしても負け過ぎでしょう。

上がり3Fが一番悪いジョシュアツリーの35.5に次いで悪い34.7(ファイヤーも34.7)。いくら切れる脚が無いと言っても、もう少し良い脚使っても良い気がするんですけどね。実際ダービーでは33.8の脚を使っているわけで。大敗の原因が良く分からないですね。

馬券の方はそのゴールドシップと心中すると先週宣言した通り、ゴールドシップから勝負し、ホントに心中してしまいました・・・。

予想大会では馬単でしたが、実馬券はちょっと色気を出して3連単で勝負。ゴールドシップ1着固定の3連単で勝負していたので、前半1000m62.4で半分諦め、残り400mで完全に諦めました(泣)。

レース終わって最初に思った事は、「1着ゴールドシップ、2着デニムアンドルビー、3着トーセンジョーダンの3連単なら持ってるのにぃーーー。」でした。

ゴールドシップとジェンティルドンナの結果が逆だったらなぁ・・・。この馬券でG1の連敗を止められたら最高だったのですが、なかなか世の中うまくいきませんね。ちなみに、その3連単で決まっていれば47万馬券でした。

これでG1の連敗はめでたく(?)30に(苦笑)。もうここまで来たらどこまで伸ばせるか私自身も楽しみになってきました(おい)。一応、予想としては○▲で決まっているので、予想の精度としては上がってきているはず。後はそれを的中に繋げられれば。

それにしても、今日のゴールドシップの負けは結構ショック。有馬でも本命にするつもりだったのですが、これではちょっと怖くて買えないですね。と言いつつ、多分買いますけど(苦笑)。宝塚記念の時の復活劇を有馬記念で見せてもらいたいです。

まずは来週のジャパンCダート頑張ります。

« 第30回マイルCS | トップページ | 第14回ジャパンCダート »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/58637447

この記事へのトラックバック一覧です: 第33回ジャパンC:

« 第30回マイルCS | トップページ | 第14回ジャパンCダート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ