« 第14回ジャパンCダート | トップページ | 第65回朝日杯FS »

2013年12月 8日 (日)

ジャッカスバーク、2戦目は4着

先日デビュー戦を快勝したジャッカスバークが、本日の中山7R・2歳500万下戦(ダ1800m)に出走し、4着(1番人気)と言う結果でした。

レースはまずまずのスタートを決めると、4、5番手で内々を追走。4コーナーを迎えるまではスムーズな競馬だったと思います。

ただ、4コーナーから最後の直線に入り、 ちょうど外へ持ち出そうとした時にメイショウスミトモに外を塞がれてしまい、完全に行き場をなくしてしまいました。

何とか行き場を探して、空いたところを抜けては来たものの、勝負所でブレーキを掛ける不利は大きく4着に追い上げるのが精一杯という競馬でした。

関係者のコメント(抜粋)では、

「いくらかプッシュはしましたが砂を被ったこと自体が極端にダメだったわけではないと思います。揉まれた経験もあまりないですし、キャリアの浅さが出てしまった印象もあります。

ただ、前が動ききれず捌きながらという形で窮屈になったことによりストライドを大きく伸ばすことはできませんでした。外目を回していたらより良さを活かせていたはずですからうまく導けなくて申し訳ありません。

スッとは動けませんでしたが、今回の経験が必ずつながってくれるはずです。スタートは出ましたが、ゲート内はちょっと怪しかったので、気持ちの部分で良くも悪くもなり得る馬なので今後のポイントになってくるかもしれません。」(北村宏騎手)

「今回も変に気負ったりせずいい雰囲気の中で臨めたと思います。一回使った分、体は引き締まっていたし、馬体重もその分減るかなと思っていましたが、増減はありませんでしたね。寒くなりつつあるこの時期ですから、それで増減なしというのは悪くないでしょう。

競馬は…正直悔しいですよね。あの形になるならハナに立っても良かったんじゃないかと思いジョッキーにもそのイメージがあったかを聞いたところ、先頭も考えていたとのことでした。

ただ、まわりのほうが速かったし、結果的にはあの形ができたあとに出していってたらオーバーペースにもなり得たでしょうから致し方ないところもあったでしょう。悔しいですが、以後ダートでいいところへ行こうと思うと今日のような厳しい経験を積む必要があったので、それを今回できたことはプラスになるはずです。」(古賀慎師)

とのこと。1枠1番が当たった時に、前をスムーズに捌けるか心配だなぁと思っていたのですが、嫌な予感が的中する結果となってしまいました。不完全燃焼な競馬に終わってしまったのが残念ですね。

ただ、4コーナーでムチが入るなど馬が勝負所で少しモタモタしていたのも事実。あそこでもう少しスムーズに追い上げられれば塞がれる事もなかったでしょうし。

今日の走りを見ると、大型馬だけに中山のような小回りより、どちらかというと府中のような伸び伸びと走れる広い馬場の方が合っているのかなという印象は受けました。もし小回りを走るなら、多少距離ロスしても外を回る競馬をした方が良いかなと。

今回は残念な結果に終わりましたが、他にも強そうな馬がいたにも関わらずまた1番人気に支持してもらったのは嬉しかったですね。この敗戦を糧にして、次また頑張ってもらいましょう。お疲れ様でした。

幸いダート路線ですので、クラシック路線のようにタイトなスケジュールを組む必要もないですし、個人的には2~3戦程度で勝ち上がって(あくまで希望)、6月のユニコーンSに出られれば良いなぐらいの感じで考えています。

メインの阪神ジュベナイルフィリーズは、5番人気レッドリヴェールがハープスター、フォーエバーモアとの激戦を制して、見事2歳牝馬の頂点に立ちました。

ゴールした瞬間はハープスターがアタマ差ほど抜けているようにも見えましたが、写真判定でゴール板上ではレッドリヴェールがハナだけ残っていました。グラスワンダーとスペシャルウィークの有馬記念を思い出しましたね。

でも、まさかレッドリヴェールとは・・・。デビュー2連勝で札幌2歳Sを勝ってはいるものの、その札幌2歳Sは上がりが40秒以上もかかる特殊馬場でしたし、人気上位陣の中では一番軽視してしまいました。

このレースを勝った事で馬場不問、展開不問とステイゴールドの血は凄いですねぇ。その根性はまさに父譲り。来年も楽しみです。

1番人気のハープスターは苦しい競馬ながら、馬群の中を良く追い上げてきました。ゴール前での勢いは完全に他馬より優っていたものの、写真判定に泣く結果に。ジャッカスバークと同じくキャロット馬ということもありそれなりに注目してましたが、馬主さん達は私の比ではないほど悔しいでしょうね。

でも、こういう舞台で戦える馬、しかも勝ち負け出来る馬を持っているというのは本当に羨ましい限り。いつかはこういう馬に巡り合いたいものです。

気になる馬券は◎マーブルカテドラルから馬連で流すも5着でハズレ。直線でうまく外に持ち出せた時はいけるかなと思ったのですが、直線半ばで伸びが止まってしまいましたね。やはり上位陣とは差があったということでしょう。田辺騎手の騎乗自体は良かったと思います。

応援していた照男さんのトーセンシルエットは見せ場なく15着。もう少しやれても良い気はするんですけどね。結果は振るいませんでしたが、地元に戻って500万下ならすぐ抜け出せるでしょう。

馬券は外れましたが、3頭が並ぶゴール前は見応えがありました。久々に面白い競馬が見れた感じです。こういう競馬をもっと見たいですね。

香港では香港スプリントでロードカナロアが5馬身差の圧勝で有終の美。今日の走りを見るともう1年やれそうな気もしますが、逆にこの最高の状態の時に辞めるのも良い引き際なのかなと。これからは種牡馬としての活躍を期待したいですね。

来週は朝日杯FS。来年から阪神に移行するため、中山で行われるのは今年が最後。

中山1600mの方がトリッキーで面白いんですけどね。コースの有利不利が大きいという事での移行のようですが、必ずしも実力通りで決まらないから予想も含めて面白いと思うのですがどうでしょう?

さて、その中山最後の朝日杯は登録馬を見回すと重賞勝ち馬が1頭もいない大混戦。どの馬にもチャンスがありそうで、こうなると枠順の影響が結構大きそうです。最後だけに当てたいですね。

« 第14回ジャパンCダート | トップページ | 第65回朝日杯FS »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/58725667

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッカスバーク、2戦目は4着:

« 第14回ジャパンCダート | トップページ | 第65回朝日杯FS »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ