« 2014スタート | トップページ | 34回目の誕生日 »

2014年1月 3日 (金)

第90回箱根駅伝

今年の箱根駅伝は東洋大学が2年ぶりの優勝となりました。他の大会も含めてずっと2位が続いていただけに嬉しい優勝でしょう。

チームの中心である設楽兄弟が2人とも区間賞を取るなど、チーム計5人が区間賞という快走を見せられては他の大学は手も足も出ず。復路では新記録を叩き出し、総合タイムも歴代2位と文句なしの優勝でした。

設楽兄弟は今年でチームを去りますが、今年走ったメンバーが6人残りますし、来年以降も上位争いは必至でしょう。

2位は駒沢大。出雲、全日本と併せて三冠がかかっていたのですが、惜しくも三冠ならず。駒沢大も総合タイムは11時間を切っており、普通であれば優勝できるタイムなんですが、いかんせん東洋大が強過ぎましたね。

ただ、これで総合優勝から6年も遠ざかってしまっただけに、来年は相当練習して巻き返しを狙ってくるかと思います。今年走ったメンバーは東洋以上の8人が残りますので、戦力的にも楽しみです。

昨年優勝した日本体育大は3位。全体的に安定した走りで昨年の優勝がフロックではない事を証明しました。それぞれが自分の持っている力は発揮できたかと思います。

今年はシード権争いが面白かったですね。しかも、復路での繰り上げ一斉スタートがあり、
例年以上に見た目の順位と実際の順位がかなり違っていたので、走っているランナーは「このランナーを追い越せばシードが取れる」という目標が無い分大変だったかと思います。

最終的には10位の大東文化大までシード獲得。法政大は9位でアンカーに繋いだものの、結局11位で終わりシードを逃す事に。ちなみに、10位と11位の差は50秒の僅差だっただけに法政大は悔しいでしょう。

残念なところでは、山梨学院大が2区でオムワンバ選手が右足の疲労骨折をしてしまい途中棄権。怪我はどうしようもない部分もありますが、来年は全チームが無事にゴールできる事を祈りたいですね。

他に気になったところと言えば、今回は第90回の記念大会と言う事で23校が出場しましたが、ちょっと上位チームと下位チームとのレベル差がつき過ぎかなという印象は残りました。

復路のスタートで13チームも繰り上げ一斉スタートとなり、9区→10区の鶴見中継所のリレーでも7校が繰り上げ一斉スタートという事態。

特に国士舘大は6区の一斉を除いても、3区、9区、10区と計3回繰り上げ。1位の東洋大との差は45分以上と1人あたり1.5キロ前後の差を広げられている計算。

いくら出場することに意義があると言っても、ここまで実力差が出てしまうと、これなら関東学連選抜を出した方がレース的には盛り上がったのかなと感じてしまう部分はありますね。来年以降の奮起に期待したいです。

ちなみに、今年はなかったその関東学連選抜ですが、存続か廃止かで議論された結果、来年以降復活する事が決まったそうで個人的には嬉しいですね。

さて、これで今年の戦いは終わり、来年の箱根に向けての戦いが始まりました。今年の上位陣を負かすのは大変ですが、ダークホースが出てくる事を楽しみにしたいと思います。

3が日も終わり、いつもであれば明日から仕事・・・なんですが、今年は土日とくっ付いているおかげであと2日休みがあります。

残りの休みは家に篭ってゲームでもしようかなと(苦笑)、ゲームを2本ほど買ってみました。グランツーリスモ6とTOKYO JUNGLE。

20140103_01

TOKYO JUNGLEは前々からやってみたいなぁと思っていたのですが、たまたま目に止まったので勢いで購入。残り2日楽しみたいと思います。

« 2014スタート | トップページ | 34回目の誕生日 »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/58880188

この記事へのトラックバック一覧です: 第90回箱根駅伝:

« 2014スタート | トップページ | 34回目の誕生日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ