« 2014春闘に向けて | トップページ | 久々の一撃、江田駅前に集合せよ »

2014年2月18日 (火)

ジャッカスバーク、4戦目へ

今日の東京6R・3歳500万下(ダ1600m)にジャッカスバークが出走しました。

いつも通りにスタートを決めると、先行勢を見る形で6番手をあたりを追走。特に隊列変わることなく、最後の直線へ。

残り400mあたりで前が開くと、早めに抜け出したアナザーバージョンを追い上げるジャッカスバーク。交わせそうな勢いでしたが、アナザーバージョンも粘り腰を見せ、半馬身差まで迫ったところがゴール。1番人気で2着という結果でした。

関係者のコメントは、

「前に馬をおいてリズムを整えながら進めてほしいと言われていました。そのことを意識して進めて形としては悪くなかったと思いますが、道中はもうちょっと余裕がほしかったのはあります。

もう少し手綱を持っていられるような競馬ができればいいですし、そう考えると距離はもう少しあったほうがいいタイプに思いました。」(リスポリ騎手)

「追い切りの動き自体悪くなかったのですが、担当者と改めて相談して変化をつけてみることにしたんです。ハミ受けをもっとしっかりできればと考えてノーマルのものではなくクロス鼻革にしてみたところ感じは悪くありませんでしたね。

レースの仕方も馬を前において進めてほしいとリクエストしたのですが、あらかた思惑のレースをしてくれたと思います。距離を延ばしてみてはという話をもらいましたが、そのあたりはまだ走り方がわかっていないところが大きいんだと思うんです。

もちろん今の時点で決めつけていませんが、そのときの馬にあう形で競馬を考えていければと思っています。短い間隔で続けて使わせていただきましたし、一度放牧に出してケアの期間に充てることも考えていきたいと思っています。」(古賀慎師)

とのこと。ここ2戦結果が出ていなかったのに、今回も1番人気ということで、ここは何とか良い走りをして欲しいなと思っていただけに、この結果は嬉しかったです。

勝てなかったのは残念ですが、勝った馬が強かったですし、この馬の出せる力は出してくれたと思います。時計も大分詰めましたし、これだけ走ってくれれば十分です。

ちなみに、前回騎乗したベリー騎手もそうでしたが、今回のリスポリ騎手ももう少し距離があった方が良いとのコメント。

3歳のこの時期でダートだとこれ以上の距離は1800mぐらいしかないので、もし距離延長を試すなら思い切って芝の中距離を走ってみてもいいのかなとも思います。血統的に芝は問題ないですし、今後のレース選択に注目です。

中1週の上に、雪で延期と調整が大変だったと思いますが、ジャッカスバーク、スタッフの皆さんお疲れさまでした。今後は放牧に出る予定との事で、まずは激闘の疲れを癒して欲しいですね。

・今週の最終
2/17 東京12R 1000万下
◎ダンディーレイ(4番人気)の単勝勝負でゲット。

20140218_01

土日全然当たらず、この日もここまで的中無しということで、何とか負債を取り返そうと最後は照男さんで大勝負を。

直線で外からノウレッジにあっさりと先頭に立たれ、逆にこちらはモタモタして置いていかれた感じだったので、正直「終わった・・・」と思ったのですが、残り100mからの大逆転劇。

まさかあそこから差し切れるとは。競馬はゴールするまで分からないですね。照男さん様々でした。

来週は今年最初のG1・フェブラリーSです。ホッコータルマエで堅いのでしょうか。個人的にはベルシャザールを狙ってみたいです。

« 2014春闘に向けて | トップページ | 久々の一撃、江田駅前に集合せよ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/59159847

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッカスバーク、4戦目へ:

« 2014春闘に向けて | トップページ | 久々の一撃、江田駅前に集合せよ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ