« ジャッカスバーク、デビュー勝ちの舞台で | トップページ | バントでホームラン »

2014年2月 1日 (土)

ジャッカスバーク、逃げ切れず・・・

2/1の東京7R・3歳500万下(ダ1600m)に出走したジャッカスバークですが、3戦連続の1番人気に推されるも9着と結果を出すことはできませんでした。

レースはまずまずのスタートを決めると、最内枠という事もあり押して押して逃げ集団へ。3頭ぐらいで集団を作っていたものの、ジャッカスバークが主張して単騎で逃げる形に。

そのまま先頭で直線に入ると、坂の手前ぐらいまでは頑張っていたものの、残り300m辺りで先頭を譲ると、ズルズルと後退し9着に終わりました。

関係者のコメントでは、

「いいポジションを取ることができましたが、さすがにこの展開では最後まで持ちませんでした。また道中は少しフワフワしていましたし、今日の感じではどちらかと言えば追いかける形の競馬が合うかもしれませんね。

乗った感じは非常にいい馬ですし、まだまだこれから力を付けてくる思います。距離はもう少しあってもいいかなと思いましたが、何よりも結果を出せなかったことが悔しいです。今日は人気に応えたかったのですが、一番いい結果とならず申し訳ありませんでした。」(ベリー騎手)

「ここは結果を出したいと思っていただけにとても悔しいです。道中も集中しきれていませんでしたし、今日の展開ではさすがに厳しいです。ジョッキーも前走のイメージがあったのか先手を主張する形となっていましたが、もう少し控えても良かったかもしれませんね。

こんな馬ではないですし、次はしっかり力を出せるように取り組んでいきたいと思います。今日は勝たせてあげることができず、本当に申し訳ありませんでした。」(古賀慎師)

との事。結果は振るいませんでしたが、個人的には馬は頑張ってくれたと思います。と同時に、ベリー騎手の騎乗にも不満はないです。

内枠が当たった時に今回はおそらくこのような競馬になるだろうなと思っていましたし、実際レース中も並んでハナ争いするなら思い切って行った方が良いなと思っていたので。結果的にペースが速くなってしまっただけで、展開1つで結果も変わったでしょうし。

今回も押し出されたとはいえ、強い馬もいる中で1番人気にしてもらって嬉しかったです。ただ、結果が残せず残念でしたし、人馬共にそれがプレッシャーになってしまいかわいそうだったかなとも思います。次回は気楽な人気(になるかは分かりませんが)で気楽に走ってもらえれば。

次走は未定ですが、まだまだ始まったばかりですし、元々長い目で見ていこうと考えていた馬なので、じっくり調教を積んで次は少しでも前進できるよう頑張って欲しいですね。お疲れ様でした。

« ジャッカスバーク、デビュー勝ちの舞台で | トップページ | バントでホームラン »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/59071181

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッカスバーク、逃げ切れず・・・:

« ジャッカスバーク、デビュー勝ちの舞台で | トップページ | バントでホームラン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ