« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の6件の記事

2014年6月29日 (日)

第55回宝塚記念

今年の宝塚記念は1番人気ゴールドシップが制し、史上初の連覇達成という結果に。2、3着にカレンミロティック、ヴィルシーナと人気薄が入り、3連単は25万馬券と荒れました。

ゴールドシップは昨年の秋以降G1レースではずっとチグハグな競馬が続いていましたが、その鬱憤を晴らすかのような見事な勝利でした。

やはり今日の勝因は横山典騎手の騎乗に尽きるのではないでしょうか。スタートは若干遅れ気味でしたが、外枠を利用してスタンド前の直線でスーッと4、5番手につけられたのが大きかったですね。この時点でほぼ勝負あったなと思いました。

後は気分良く走らせたいとレース前に話していた通りの騎乗で、最後は後続に3馬身つけての快勝。まるで昨年のリプレイを見ているかのような走りでした。

昨年、内田騎手が同レースを勝利した際、何度も発した「馬は生き物ですから」のコメントを思い出しましたね。馬の気持ちを考えて、いかに馬を気持ち良く走らせられるか。レース後に、横山典騎手が「僕は乗っていただけです」とコメントしましたが、それを行うのが一番難しいことだと思います。見事な騎乗でした。

乗り替わりばかりが続いて、最近は応援しなくなっていたゴールドシップですが、やっぱり気になる馬だけに今日は久々にらしい走りを見る事が出来て嬉しかったですね。秋もまたらしい走りをみせてくれればと思います。

人気のウインバリアシオン、ジェンティルドンナは7、9着と振るわず。ウインバリアシオンはいつもの伸びが見られませんでしたね。位置取りはいつもの感じでしたが、3~4コーナーでの行きっぷりが悪く・・・。期待していただけに残念でした。

ジェンティルドンナも馬場でしょうか。直線で全く伸びず。ただ、ここまで大敗するとは思いませんでしたね。今後の動向が気になります。

馬券は予想大会通り、ウインバリアシオン1着固定の3連単で勝負しハズレ。

20140629_01

まあ、仕方ないですね。ヴィルシーナは全く頭になかったので、当てるのは無理だったかなと。

ホームページでの春のG1予想大会も終わりましたが、全10レース中当たったのは結局オークスの1度だけでしたね。印自体は7レースでGood!を出しているだけに、本命の選別と馬券の買い方をうまくすれば、もう少し当てることが出来たかも。夏競馬で勉強し直して、秋は2、3回ぐらいは当てられるようにしたいですね。

・今日の最終
函館12R 洞爺湖特別(1000万下)
◎ヒュウマ(4番人気)から馬単流しでゲット。

20140629_02

最近好調の三浦騎手から流してみましたが、上手く先手を取って最後はギリギリ残してくれました。

それにしても、今日は宝塚記念を外した事より悔しいのは、東京10Rのアスコットシチーの馬券を獲れなかった事。照男さんがせっかく12番人気を1着に持ってきたというのに江田照ファンとして情けない。来週から地元の福島開催が始まるので、そこで穴馬券をゲットしたいですね。

2014年6月26日 (木)

宝塚記念、枠順確定

春のグランプリ・宝塚記念の枠順が確定。12頭と頭数はちょっと寂しいですが、少数精鋭が集まりました。

春のG1最終戦をしっかり当ててこれから始まる夏競馬に向けて弾みをつけたいですね。今のところ本命はウインバリアシオンにする予定です。天皇賞ではあと一歩のところで初G1を逃しましたが、このメンバーの中では一番走りが安定していると思います。

後は岩田騎手の手腕であと一歩の壁を突き破ることができれば。この馬の悲願のG1制覇というのに期待したいです。

他ではドバイシーマクラシックを制したジェンティルドンナが帰国初戦でどうか。昨年同レースを制したゴールドシップは、ノリ騎手に替わってどんな走りを引き出してくるか。この2頭の走りに注目したいですね。最終戦頑張ります。

先週はユニコーンSと函館スプリントSの2つの重賞が行われ、それぞれ3番人気レッドアルヴィス、8番人気ガルボが勝利。

ユニコーンSは速いペースだったので、先行勢は苦しいだろうなと思っていたのですが、レッドアルヴィスは先行抜け出しと強い競馬だったと思います。2着のコーリンベリーも逃げ粘りとこの2頭はこの先も楽しみですね。

逆に1.3倍の人気を集めたアジアエクスプレスは12着と惨敗。まあ、負けないだろうなと思っていただけに、この結果はちょっと意外でした。実は芝の方が得意だったという可能性もありますが、ペアンを基準に考えるとちょっと負けすぎな感じ。次走もう一度見直したいです。

単純に比較はできませんが、この結果を踏まえると前走レッドアルヴィスを負かしたジャッカスバークも今後に期待が持てますね。8月の新潟開催を目指して現在調整中とのことで、復帰が待ち遠しいです。

函館スプリントSのガルボは8番人気の低評価を覆す見事な差し切り。冬馬というイメージが強すぎて、ハナから馬券候補から除外してしまったのですが、何事も思い込みはいかんですね。

こちらも1.6倍と断然人気のストレイトガールが11着と惨敗。 スプリント戦にしては馬群が固まってしまい、抜け出す進路が全くありませんでしたね。

1倍台の1番人気がどちらも惨敗と本命党泣かせの重賞でしたが、何とかユニコーンSのみ的中。レッドアルヴィスから馬単流しで。

20140626_01

やはり前走の時計も良かったですし、ジャッカスバークの評価を上げる意味でも頑張ってほしいという期待を込めての本命でしたが、思った通りの結果となって嬉しかったですね。

函館スプリントSはアースソニックからの馬単流しと照男さんのツインクルスターの単複で勝負も、それぞれ6着、14着(最下位)と大外れ。

アースソニックは一応人気以上には来ましたが、個人的にはもう少し積極的な騎乗をして欲しかったかなという感じです。

ツインクルスターはいつもの先行策がとれずに4コーナーでは最後方と全く流れに乗れず。函館の芝が合わなかったのか、体調面で問題があったのか。もう少しやれると思っていただけに残念でした。

その照男さんは今週は東京に戻って土日で22鞍と大量依頼。日曜メインのパラダイスSはミッドサマーフェアに騎乗。近走は冴えませんが、なんてったってオークス1番人気馬ですからねぇ。モハメド殿下に良いアピールができれば。

2014年6月20日 (金)

健康診断結果・・・

今日は代休。運良く(?)ちょうど今日、サッカーW杯の日本代表のギリシャ戦があるということで見ていましたが、「うーん」な結果に終わってしまいましたね。

途中でギリシャが1人退場して数的有利に立ったものの攻めきれず、結果は0-0の引き分け。この結果、日本が決勝トーナメントに進むには次のコロンビア戦の勝利が絶対条件となりました。あとはギリシャにコートジボワール戦で頑張ってもらうしかないと。

ただ、コロンビアがC組の中では一番FIFAランクが上ですからねぇ。苦しい戦いになることは間違いないでしょう。それでも、少しでも希望がある限り諦めずに頑張ってもらいたいところです。

個人的にはサッカーより野球と言う事で、プロ野球の交流戦もいよいよ終盤戦。優勝争いは巨人、ソフトバンクの2チームにほぼ絞られました。あとはオリックスが厳しいながらもまだチャンスがあるかなといった感じです。

我が西武ライオンズは交流戦は今のところ11勝11敗の五分の成績。交流戦前を考えれば良くやってくれてると思います。右肩が心配された岸も復帰できそうで何より。何とかDeNA戦を連勝して、交流戦を勝ち越しで終えて後半戦に弾みを付けたいですね。

さて、前置きが長くなりましたが、先日受けた健康診断の結果が返ってきました。今回A評価へ返り咲くため、万全(?)の体制で臨んだ今回の診断でしたが、結果はまさかのE判定の要精密検査・・・。

20140620_01

20140620_02

診断結果を受け取った時に何やら見慣れない封書も一緒に付いてきており、凄く嫌な予感がしたんですよね。予感は的中し、診断結果を確認する前に先に封書を開けてみたところ、再検査の受診表でした・・・。

今回から血液検査も追加になっているため、今までの診断では気付かなかった部分もありますが、いざE判定が来るとキツイものがありますね。

一応、ダメな部分はまず痛風判定がE判定。尿酸値が高過ぎ。まさかの痛風野郎になってしまいました。基本的に飲み過ぎ(主にビール)の人がなるものだと思っていたので、一番無縁だと思っていたのになぁ。でも、とくに痛いところ無いんですけどね。右ひざと左ひじ以外は。というか、これが痛風だったり(笑・・・えない)。

次いで、肝機能がC判定。GPTという値がダメで検査の説明を読むと、脂肪肝、肝臓がん、アルコール性肝炎の疑いあり。これも飲み過ぎな人がなるイメージがあるんですけどね。

自宅でお酒を飲む事は滅多にないし、飲むとしても外での付き合いでしかないのになぁ。まあ、それでも週1、2回程度ですし。それとも食生活が悪いのかな。

とりあえず、6ヶ月後にもう一度診断と言う事でそこでどういう判定が出るか。楽しみにしたいと思います(楽しくはないか・・・)。

2014年6月 8日 (日)

ジャッカスバーク、古馬初対戦は2着

本日の東京12R・三浦特別(1000万下・ダ1600m)に出走した一口馬ジャッカスバークですが、惜しくも2着(1番人気)という結果でした。

レースはいつも通りのスタートを決めると、道中は中団を追走。最後の直線でうまく外へ持ち出すと、残り400mあたりから追い出し開始。残り100mあたりで先に抜け出したレッドアルヴィスを内からトロワボヌール、外からジャッカスバークが交わし、この2頭の追い比べに。しかし、トロワボヌールの伸び脚が優勢でジャッカスバークも懸命に追うも、半馬身差まで迫ったところがゴールでした。

あそこまで行ったのなら勝ちたかったですが、昇級戦、古馬初対戦の中、良く頑張ってくれたと思います。しかも、勝ちタイムはレコードですから勝った相手を褒めるしかないですね。ここで2着した事で今後が楽しみになってきました。

ただ、もし勝っていたらジャッカスバークの名前がレコードタイムの記録としてしばらく残ったと思うと残念な気持ちもありつつ。

戸崎騎手のコメントは、

「うまく行ったと思ったんですけどね・・・。申し訳ありません。程よく囲まれたり、砂を被るなどしていて、気持ちも切らさず走れていました。いい形で直線へ向かえ、追い出してからも反応してくれたんですが・・・時計も速かったし、相手も強かったです。」

との事。2回目の手綱ということでこの馬の能力は十分引き出してくれたと思います。今後も乗ってもらえると嬉しいですね。

その今後はどういうローテになるんですかね。ここのところ激しいレースが続きましたし、福島は合わなそうな感じがするので、ここで一旦休養して新潟開催で復帰と言うのが良いかなと個人的には思っていますが。まずはレースの疲れをじっくり癒してください。お疲れ様でした。

その1レース前に行われたメインの安田記念は、1番人気ジャスタウェイが粘る16番人気グランプリボスを内からハナ差差し切って優勝。

直線半ばでも苦しい位置取りでこれは厳しいなと思ってみていたのですが、馬の根性が素晴らしかったですね。普通の馬なら2着で終わるところなのに、流石は海外のG1を勝つだけはあるなと。

2着のグランプリボスの三浦騎手は初G1が目の前に迫っていたんですけどねぇ。着差が着差だけに相当悔しいでしょう。でも、これを糧にして初G1制覇目指して今後も頑張って欲しいです。それにしても、グランプリボスも息が長いですね。2歳時に朝日杯を勝って、6歳でも一線級で活躍するなんて偉い馬です。最近だとドリームジャーニーぐらい?

馬券はカレンブラックヒル(5番人気)から馬連で流すも9着でハズレ。不良馬場は前目で進められるこの馬には有利になるかなと思ったのですが、思った以上に馬場が悪すぎましたね。4コーナー付近ですでに苦しい感じになってしまいました。

前走で復活の兆しを見せただけに今回は残念でしたが、次走良馬場でもう一度見直したいです。

・今日の延長戦
盛岡11R いちのへ大演芸まつりレース(C1二組)
◎グランパドゥシャ(3番人気)から馬単流しでゲット。

20140608_01

盛岡12R C1一組
◎ヤマニンパニエ(4番人気)から馬単流しで万馬券ゲット。

20140608_02

どちらも好スタートから上手く逃げ切りを決めてくれました。中央競馬は全く当たらなかったので(最終でジャッカス君が勝っていれば・・・)、泣きの延長戦だったのですが、終わってみれば大幅プラスになりました。でも、まさか2レース連続で当たると思いませんでしたね。ありがとう盛岡競馬。これで来週も競馬出来ます(笑)。

2014年6月 7日 (土)

第81回東京優駿

2年ぶりにダービー観戦に行ってきました。

20140607_01

ファンタストさんと共に2R開始前あたりに到着。すでにかなりの混みよう。さすがダービー。この日は30度を超える陽気でかなり暑かったですね。

20140607_02

到着後、早速エキマエグッズを買おうとターフィーショップへ。応援フラッグ、ボールペン、勝負服ストラップの3種のグッズを全て買おうと思っていたところ、ボールペンとフラッグが既にまさかの売り切れ・・・。他はほとんど置いてあるのに。

20140607_03

20140607_04

エキマエはどちらかというと売れ残る方の気がするのですが(失礼)。名前が面白いから売れたのか、馬によって仕入れ数が違うのか。無いものはどうしようもないので、泣く泣くストラップだけ購入。

表。

20140607_05

裏。

20140607_06

お昼休み。ダービー騎乗騎手紹介(動画)。嵐を呼ぶ男・江田照男。

馬券の方は4Rから参戦し、京都7Rでようやくゲット。フギンの単勝。

20140607_07

続いて東京7Rもゲット。照男さんのトウショウプライドの複勝。

20140607_08

その後は順調に外し続け(苦笑)、いよいよダービーの予想を。いろいろ悩みましたが、初志貫徹でワンアンドオンリーに。ただ、どうしても1着に来るイメージが湧かなかったので、オークスに続き3連複で勝負。トゥザワールドとの2頭軸で。後はエキマエの応援馬券を。夢馬券を胸に、いざスタンドへ。

20140607_09

ダービー発走前に入場人員の発表。最終的には14万人近く来たようです。

20140607_10

ファンファーレが鳴り響き、いよいよ発走。レースは照男さんのエキマエが大逃げ、トーセンスターダムが離れた2番手。それを見るような形でイスラボニータ、ワンアンドオンリーが続き、トゥザワールドは中団からの展開。1000m通過が59.6とまずまずのペース。

このままエキマエが引っ張って最後の直線を迎えると思いきや、3~4コーナーの中間で故障しズルズルと失速。代わってトーセンスターダムが先頭に立ち最後の直線へ。

残り300m付近でイスラボニータがトーセンスターダムを交わして先頭へ。そのトーセンスターダムは直後内によれてラチに接触し、ズルズル後退。イスラボニータの外からワンアンドオンリーが並びかけこの2頭の叩き合いに。

叩き合いの末、栄光のゴールを先頭で駆け抜けたのはワンアンドオンリーでした。

20140607_11

横山典騎手はロジユニヴァース以来、5年ぶり2度目のダービー制覇。後方からの競馬が続いていたこの馬を先行させ、最後前をきっちり捕らえきったのは見事でした。今日の馬場傾向も含めて、4、5番手に付けた時点で9割方勝ったなと思いながら見ていました。

橋口調教師はのべ20頭目の挑戦で悲願のダービー制覇となりました。橋口師とダービーと言えば、個人的に印象に残っているのはダンスインザダーク。私がTVで初めてみたダービーで1番人気に推されるもフサイチコンコルドにクビ差負け。あれから18年ですか。まさに悲願達成となりましたね。

逆に蛯名騎手は一昨年のフェノーメノに続き、またしても悔しい2着。悲願のダービー制覇とはなりませんでした。

気になる馬券は残念ながらハズレ。軸のもう1頭であるトゥザワールドが3着に来てくれれば、ど本線で当たりだったのですが・・・。今日の馬場、そしてこの展開であの位置取りではどうしようもないですね。

ワンアンドオンリーに◎を打っていただけに余計に悔しいです。今回の敗因は「今年はワンアンドオンリー推し」と決めていたのに、最後まで信じ切れなかったことでしょうね。

一応◎は打ちましたが、本当に信じていれば馬単勝負なので。最後の最後まで信じ切れなかったことに対して猛省したいです。エキマエも残念な結果に終わり、レース後はしばらくモヤモヤした気分でした。

唯一の救いはエキマエの故障が命に関わるものではなかったということですね。骨折ということでしばらく休養が必要になるのは残念ですが、一瞬サイレンススズカが頭をよぎっただけに本当に良かったです。照男さんも上手く止めてくれてファインプレーだったと思います。逃げ馬の故障だけに下手すれば大事故に繋がる可能性もありましたし。エキマエには怪我をしっかり治してまた復活してきてほしいですね。

ダービーが外れ、プラスからマイナスに転じてしまったので少しでも取り戻そうと目黒記念まで粘ったものの、この調子では当たる事もなく(目黒記念は枠の1-7持ってたのになぁ・・・)、今年の私のダービーデーは幕を閉じました(泣)。

この後は反省会のため、新宿の「無門」さんへ。美味しいしゃぶしゃぶを食べながら、皆で来年のダービー的中を誓うのでした。

次回のイベントは札幌記念観戦ツアー(予定)。昨年の福岡で出来なかった、旅行へ行ってお金も増やしちゃおう計画を達成したいですね。

さて、明日は安田記念。どの馬からでも入れそうで難しいですね。馬場状態もありますし、そう簡単に「世界」のジャスタウェイで決まらないような気も。

個人的には前走で復活したカレンブラックヒル、一叩きしたホエールキャプチャ、「ここで川田かよー」でクラレントあたりが面白そうかなと思っています。

安田記念後の三浦特別には一口馬ジャッカスバークが出走。古馬初対戦の今回、かなり厳しい戦いになると思いますが、掲示板目指して頑張って欲しいです。

2014年6月 2日 (月)

SAYONARA国立競技場

前回のブログに書いた通り、土曜日に国立競技場のファイナルイベントに行ってきました。16:30頃に友人と合流し、17:00頃に国立競技場に到着。

20140602_01

スタンドに着くと、すでにサッカーのレジェンドマッチが始まってました。

20140602_02

サッカーの試合を生で見るのは初めて。現役を退いたとはいえ、やっぱり皆上手いですね。残念ながら自分が到着してからのゴールシーンはありませんでしたが、プレーの1つ1つを楽しませてもらいました。試合は1-1の引き分けでした。

試合後はグラウンドを1周し、皆の声援に応えていました。

20140602_03

20140602_04

続いてはブルーインパルスの展示飛行。これも生で見るのは初めて。綺麗な飛行は見ていてカッコいいですね。

20140602_05

そして、国立での最後の競技となるラグビーのレジェンドマッチ。早稲田のOBと明治のOBが50代、40代、30代チームにそれぞれ分かれて3ゲーム。

20140602_06

ラグビーの試合を生で見るのももちろん初めて。30代にもなると最近までやっていたこともあって、やっぱりスピーディーになり、プレーも激しく面白かったですね。

ちなみに、結果は早稲田が明治に3戦全勝と言う結果。親善試合とはいえ明治にもう少し頑張って欲しかったかなという気持ちも。

最後はファイナルセレモニー。聖火リレー(動画)。

森山良子さんの「今日の日はさようなら」を一緒に歌っていたらちょっとしんみりな気分に。その後は皆で蛍の光を歌い、さらにしんみり。

最後は過去の国立競技場での名シーンを集めた映像を皆で見届けて終了。グラウンド全体を使った幻想的な演出が印象的でした。

イベント後はお待ちかねのピッチ開放。列ごとに順番にグラウンドに降り、皆が皆いろんなことをやってました。

人が凄い。

20140602_07

寝転がる私。芝フカフカでした。

20140602_08

クラウチングスタート。皆同じ事やってました(笑)。

20140602_09

走り幅跳び。

20140602_10

棒高跳び。

20140602_11

最初で最後の国立競技場でしたが、国立最後の日に立ち会う事が出来、ホントに嬉しかったです。誘ってくれたファンタストさんありがとうございました。

7月から解体工事が始まり、新しい国立競技場が完成するのは2019年との事。一旦、56年の歴史に幕を閉じますが、新・国立競技場ではどんな歴史が刻まれていくのでしょうか。

それではまた会う日までSAYONARA。

20140602_12

この後は赤坂のホテルに一泊し、次の日のダービーに備えるのでした。ダービー編は後日アップします。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ