« 宝塚記念、枠順確定 | トップページ | 夏競馬 »

2014年6月29日 (日)

第55回宝塚記念

今年の宝塚記念は1番人気ゴールドシップが制し、史上初の連覇達成という結果に。2、3着にカレンミロティック、ヴィルシーナと人気薄が入り、3連単は25万馬券と荒れました。

ゴールドシップは昨年の秋以降G1レースではずっとチグハグな競馬が続いていましたが、その鬱憤を晴らすかのような見事な勝利でした。

やはり今日の勝因は横山典騎手の騎乗に尽きるのではないでしょうか。スタートは若干遅れ気味でしたが、外枠を利用してスタンド前の直線でスーッと4、5番手につけられたのが大きかったですね。この時点でほぼ勝負あったなと思いました。

後は気分良く走らせたいとレース前に話していた通りの騎乗で、最後は後続に3馬身つけての快勝。まるで昨年のリプレイを見ているかのような走りでした。

昨年、内田騎手が同レースを勝利した際、何度も発した「馬は生き物ですから」のコメントを思い出しましたね。馬の気持ちを考えて、いかに馬を気持ち良く走らせられるか。レース後に、横山典騎手が「僕は乗っていただけです」とコメントしましたが、それを行うのが一番難しいことだと思います。見事な騎乗でした。

乗り替わりばかりが続いて、最近は応援しなくなっていたゴールドシップですが、やっぱり気になる馬だけに今日は久々にらしい走りを見る事が出来て嬉しかったですね。秋もまたらしい走りをみせてくれればと思います。

人気のウインバリアシオン、ジェンティルドンナは7、9着と振るわず。ウインバリアシオンはいつもの伸びが見られませんでしたね。位置取りはいつもの感じでしたが、3~4コーナーでの行きっぷりが悪く・・・。期待していただけに残念でした。

ジェンティルドンナも馬場でしょうか。直線で全く伸びず。ただ、ここまで大敗するとは思いませんでしたね。今後の動向が気になります。

馬券は予想大会通り、ウインバリアシオン1着固定の3連単で勝負しハズレ。

20140629_01

まあ、仕方ないですね。ヴィルシーナは全く頭になかったので、当てるのは無理だったかなと。

ホームページでの春のG1予想大会も終わりましたが、全10レース中当たったのは結局オークスの1度だけでしたね。印自体は7レースでGood!を出しているだけに、本命の選別と馬券の買い方をうまくすれば、もう少し当てることが出来たかも。夏競馬で勉強し直して、秋は2、3回ぐらいは当てられるようにしたいですね。

・今日の最終
函館12R 洞爺湖特別(1000万下)
◎ヒュウマ(4番人気)から馬単流しでゲット。

20140629_02

最近好調の三浦騎手から流してみましたが、上手く先手を取って最後はギリギリ残してくれました。

それにしても、今日は宝塚記念を外した事より悔しいのは、東京10Rのアスコットシチーの馬券を獲れなかった事。照男さんがせっかく12番人気を1着に持ってきたというのに江田照ファンとして情けない。来週から地元の福島開催が始まるので、そこで穴馬券をゲットしたいですね。

« 宝塚記念、枠順確定 | トップページ | 夏競馬 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/59897861

この記事へのトラックバック一覧です: 第55回宝塚記念:

« 宝塚記念、枠順確定 | トップページ | 夏競馬 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ