« 2015スタート | トップページ | ついにアラフォーへ・・・ »

2015年1月 3日 (土)

第91回箱根駅伝

今年の箱根駅伝は青山学院大が創部96年目にして、初の総合優勝を決めました。タイムも10時間50分台を切って、ついに10時間49分27秒と驚異的なタイム。2位を10分50秒もぶっちぎっての圧勝劇となりました。

個人的にはこの結果は予想外でした。確かに全日本でも3位と上位に食い込んできていたので、上位争いは出来るとは思ってはいましたが、まさか優勝までしてしまうとは。区間1位が5人もいては他の大学は太刀打ち出来なかったですね。

やはり優勝の立役者は金栗杯を獲得した5区の神野大地選手でしょう。トップの駒沢大と46秒差でタスキを受け取ると、早くも10キロ過ぎに追い抜いて先頭に。その後もスイスイと気持ち良く走り、柏原選手の参考記録を20秒以上も短縮する1時間16分15秒で箱根の山を駆け抜けました。2位を5分近く離しての往路優勝で、これで総合優勝をグッと近づけましたね。

柏原選手が驚異的なタイムを出した時は、これを超えるのは当分無理だろうなぁと思っていたのですが、こんなにあっさり抜いてしまうとはって感じでした。

しかも、函嶺洞門でのバイパス工事に伴って、今年から距離延長(約20m程度の延長)していての記録更新ですから文句無しのタイムですね。来年も大注目でしょう。

2位は駒沢大。今年こそはの気持ちで挑んだ箱根でしたが、そこには魔物が潜んでいました。5区の馬場選手が低体温症によるアクシデントで区間17位の大ブレーキ。あれがなければ、青学大と2~3分差でスタートができ、もう少しプレッシャーを与えられたと思うだけに残念でしたね。それでもやはり総合力で2位まで押し上げたのは立派。

3位は東洋大。平均的に良い走りはしていたものの、ややパンチ力が欠けていたかなという印象です。ただ、服部兄弟は来年も残りますし、全体的なレベルアップを図って巻き返しを期待したいです。

気になったところでは、山梨学院大が1区最下位スタートからのシード権獲得が熱かったですね。2区でもエースのオムワンバ選手を怪我で欠いて最下位通過と厳しい戦いでしたが、それでも何とか往路13位で終えると復路は5位でまとめて総合9位でフィニッシュ。オムワンバ選手が復活すれば、来年はもっと上位に食い込めそうです。隻眼のランナー・市谷選手も7区を走り、1年生ながら12位と健闘。来年も頑張って欲しいですね。

期待していた関東学生連合は19番目でのゴールで終わり、来年のシード枠を1つ減らす事は出来ず。と思っていたら、今年は成績の付かないオープン参加だったので、結局10位以内でゴールしても予選会の枠は増えなかったようで。

これだと「枠を増やすぞ」とか「区間新記録を出してやろう」といった目標がない分、走りにモチベーションが生まれないのかなぁと個人的には思ったり。

枠に関しては以前の19チーム+「選抜」の計20チームから、今回は20チーム+「選抜」の計21チームになり大学としての出場枠自体は減っていないので、大学側としては問題ないのかもしれませんが、やっぱり記録は残してもらいたいかなぁと。これだと「箱根駅伝に出られる」というだけの存在になってしまうので。

後は連合チームで走れる条件の1つに本大会出場回数2回以内というのもあり、これだと例えば弱小校のトップランナーが4年連続出場するということが出来なくなってしまいます。ここらへんはもう少しルールに再考の余地はあるかなと思います。

最後に。大なり小なりのアクシデントはあったものの、今年は久々に棄権チームが出なくてホントに良かったです。やはり無事にレースが出来ると言うのが記録云々の前に一番ですし。来年も全チーム無事ゴール出来るよう祈ってます。

明日は金杯頑張るぞ~。

« 2015スタート | トップページ | ついにアラフォーへ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/60920405

この記事へのトラックバック一覧です: 第91回箱根駅伝:

« 2015スタート | トップページ | ついにアラフォーへ・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ