« 2016スタート | トップページ | 36歳、年男 »

2016年1月 4日 (月)

第92回箱根駅伝

今年の箱根駅伝は青山学院大が昨年に続いて2連覇という結果に。1区を先頭でタスキリレーすると、そのまま一度も抜かれることなく、39年ぶりの完全優勝となりました。

いやー、強かったですね。メンバー6人が区間賞の快走では他の大学は影すら踏めませんでした。不安視された神野選手もしっかりと区間2位の走りでチームに貢献。原監督が掲げた昨年の「ワクワク大作戦」に続く、今年は「ハッピー大作戦」で見事優勝をもぎ取りました。

今年走ったメンバーが6人残りますし、来年以降も楽しみです。中でも山下り・6区で区間タイ記録を出した小野田選手はまだ1年生なので、来年以降は何区を走るのかを含めて注目したいですね。

2位は私が期待していた東洋大。3区で22秒差で服部兄弟の弟・弾馬選手にタスキが渡った時は「逆転出来るかも」と思っていましたが、逆に1分以上離されてしまい、4区以降が苦しくなってしまいましたね。最終的には青山学院大から7分以上離される完敗。今年引っ張ってくれた4年生が5人も抜ける事で、来年は勝負の年になりそうです。

3位は駒沢大。1区で出遅れましたが、総合力の違いで3位まで押し上げました。ただ、区間賞が1人もいないのが3位止まりになってしまった要因でもあるかなと。来年は大八木監督のゲキに応えられるよう頑張って欲しいですね。

昨年ブレーキとなった馬場選手は8区で区間2位の走り。昨年のリベンジは果たせたのではないかなと思います。卒業後も競技を続けるそうなので、新天地での走りに期待したいですね。

終わってみれば着差は付いたものの、当初の予想通り三強が上位を占める結果になりました。少し前までは戦国駅伝で面白かったのですが、ここ最近は上位陣(特に三強)とそれ以外の差が付き過ぎているかなという印象です。来年以降ここに割って入るチームが出てきてくれると嬉しいですね。

いつも応援している関東学生連合は11番目でゴール。記録も残らない中で頑張ったのではないでしょうか。ただ、総合タイムは良いとしても、個人タイムは公式記録として扱って欲しいと思いますね。それならもっとモチベーションが上がると思うのですが・・・。

他では、鶴見のタスキリレーは毎年ドラマがありますが、今年は神奈川大のタスキリレーが4~5秒差で繋がらず。目の前での号砲は差が差だけに相当悔しいとは思いますが、大野選手はまだ2年生ですし、この悔しさをバネにまたこの大舞台に戻ってきて欲しいですね。

今年は例年よりも気温が高かったので、脱水症状が出ないかが心配でしたが、やはり復路後半では苦しむランナーがいつもより多かったように感じました。それでも棄権もなく、全員無事完走できたのはホント良かったです。来年以降も全チーム無事に走り切って欲しいですね。

最後に。原監督の指導もそうですし、サッポロビールのCMで黒田選手も言っていた、「まずは目標を低めに設定して、出来たらまた次の目標を目指す」ことで最終的に自分が目指しているところ(もしくはそれ以上)まで到達するという考えは凄く良いなぁと思いました。個人的に目標を高く置き過ぎて力尽きるパターンが多いので・・・。自分も今年はそのように日々目標を設定して、元日に立てた目標に向かっていきたいですね。

さて、今日で正月休みもお終い。明日から仕事ですか。いつも思いますが、大型連休明けは仕事行きたくないですね(苦笑)。でも、4日間行けばまた3連休なので徐々に慣らしていければ。

« 2016スタート | トップページ | 36歳、年男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/63003105

この記事へのトラックバック一覧です: 第92回箱根駅伝:

« 2016スタート | トップページ | 36歳、年男 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ