« 2017スタート | トップページ | 今年最初の3連休 »

2017年1月 3日 (火)

第93回箱根駅伝

今年の箱根駅伝は青山学院大が3連覇という結果に。この結果、出雲、全日本に続いて大学駅伝3冠も達成するという快挙となりました。ちなみに、3連覇と3冠を同時に達成するのは史上初だそうで。

7区の田村選手が脱水で若干ブレーキになったものの、それでも区間11位で粘ると、襷を受け取った下田選手が区間1位の快走で優勝をほぼ決定付けましたね。

原監督も「ワクワク大作戦」、「ハッピー大作戦」に続く、第3の作戦となる「サンキュー大作戦」で選手達を見事優勝に導いたと思います。今年走ったメンバーが昨年同様6人も残るので、しばらくは安定した成績を残しそうですね。

2位は東洋大。往路は4位に終わったものの、復路で巻き返し2年連続で2位確保。前回のブログで「最悪シード落ちの可能性もある」などど発言してしまいすみませんでした・・・。実績校の実力を見せつけられました。やっぱり出雲、全日本の成績は鵜呑みにできないなぁと改めて。

復路で全員3年生以下を起用しての結果だけに来年に繋がると思います。ただ、エース服部弾馬が抜けてしまうので、彼に代わるエースが欲しいところですね。

3位は早稲田大。7区で差を詰めた時は「もしかしたら」もあったのですが、8区以降が振るわず逆に順位を落としてしまう結果に。昨年の駒沢大と同じで区間1位が1人もいないとなかなか突き抜けるのは難しいですね。ただ、こちらもメンバー6人が残るので力を付けていってもらえれば。

意外なところだと神奈川大が5位と大健闘。ここしばらく低迷が続いてましたが、12年ぶりのシード権獲得。後は駒沢大が9位に終わるとは思いませんでした。往路5位から巻き返すと思いきや、6区がブレーキとなり9位まで順位を落とすと、最後までリズムを取り戻せませんでしたね。

ダークホースとして期待していた山梨学院大は17位でゴール。1区で最下位スタートとなると、2区のニャイロ選手も区間9位と期待された走りが出来ず。上田監督の息子・健太選手が山登りで区間7位と気を吐きましたが、やはり最後までスタートの出遅れが響きました。

いつも応援している関東学生連合は20番目の順位。こちらも1区で出遅れてしまい、ずっと後方での走りでしたが、最終ランナーの照井選手が区間1位相当の快走をしたのには素直に拍手。

順位的になかなかモチベーションを上げにくい環境だったにも関わらず、これだけの走りはなかなか出来ないと思います。昨年も書いたのですが、個人タイムは公式記録として扱って欲しいですね。何も残らないとレースに出る意味があんまり無いと思うので。

気になったところでは、青学大の田村選手に脱水症状がみられたのに給水が出来なかった場面。

自分は知らなかったのですが、2年前から任意給水が禁止になっていたみたいです。理由としては場所によっては道交法違反となる場合があり、神奈川県警からの要請によって決まったとの事です。

まあでもそれならそれで、それに代わるルールを作らないのはマズイのではないかなと。今回は大事には至りませんでしたが、毎年夏場に脱水による事故もありますし、そのあたりもう少し臨機応変に何とかならないかなぁと思いますね。来年以降の改善に期待。

そんなこともありましたが、最終的には棄権もなく、全員無事に走り終えることが出来たのは良かったと思います。来年も全員無事完走できますように。

三が日も終わり、私の休みも残すところあと1日となりました。7連休もあったのにあっという間でしたね。まずは5、6日出勤で体を慣らしていきたいと思います。

« 2017スタート | トップページ | 今年最初の3連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/64715709

この記事へのトラックバック一覧です: 第93回箱根駅伝:

« 2017スタート | トップページ | 今年最初の3連休 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ