« コンダクトレス、ハナ差でデビュー勝ち | トップページ | 第63回東京大賞典 »

2017年12月24日 (日)

第62回有馬記念

どんなに忙しくても有馬だけは行かないと、と言う事で今年も行ってきました有馬記念。

20171224_01

今年で18年連続の参戦となりました。それなりに長い事見てきましたが、あと何回ぐらい来れるのかなぁとしみじみ・・・。

今年は少し出遅れて、中山へは4R前に到着。レープロないだろうなぁと思っていたのですが、何とかゲット出来ました。というより、まだ全然余裕がありましたね。

20171224_02

とりあえず、先に5Rの馬券だけ買って、いつも通り梅屋の肉そばで昼食を。そばをのんびりと食べながらレースを見ていたら、江田照男・ウイングセクションがまさかの勝利という緊急事態(笑)。

残りを30秒で食べ切って、一目散にウィナーズサークルへ。何とか間に合いました。サンデーレーシングの照男さんは貴重ですね。

20171224_03

馬券ももちろんゲット。単勝と馬連1点できっちり。でも、本当に当たるとは・・・。

20171224_04

これで若干お腹一杯感が出てしまったのですが(おい)、有馬記念の予想を。

20171224_05

本命は予想大会通りスワーヴリチャード。菊花賞、天皇賞・秋の不良馬場を走った馬は疲労が残っているだろうと考え、秋2戦目のフレッシュな状態で走れるこの馬を本命にしました。前走のアルゼンチン共和国杯の勝ちっぷりおよび勝ちタイムも良かったですし、後は今秋お世話になったM・デムーロ騎手に託すという事で。

相手は悩んだ挙句、シュヴァルグランとサトノクラウンで。それと今年の漢字「北」より「北」村宏司も絡めて、弱気の枠連で勝負。

キタサンブラックとの馬券は配当が付かない事と、テイエムオペラオーや、メイショウサムソンとダブって見えたので、ここは連対を外すだろうと思い(希望込み(苦笑))、思い切って買わない大胆な予想にしました。

運命のファンファーレが鳴り、有馬記念がスタート。逃げ馬がいないこともあり、今年はキタサンブラックが逃げる展開。1000m通過は61.6と早くもなく遅くもないペースで、シュヴァルグラン、サトノクラウンは中団、スワーヴリチャードは中団やや後方から。

特に4コーナーまでほぼ隊列変わらずのまま最後の直線へ。直線に入ると、キタサンブラックが二の脚を使って2、3馬身突き放す。後続からクイーンズリング、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードが迫るもその差が縮まらず。結局、そのままキタサンブラックが2着に1馬身半差を付けてゴール。影をも踏ませぬ逃走劇で有終の美を飾りました。

強い競馬でしたね。最後の直線で馬券的中は諦めました(苦笑)。もう少し誰かが突っついてペースが上がれば面白かったのですが、なかなか思い通りにはいきませんね。

本命にしたスワーヴリチャードは4着止まり。基本的に中山で大外まくりは相当強くないと勝ち切るのは難しいですね。しかも、一旦は2番手争いで前に出ましたが、最後に差し返されてますし。

ただ、まさかクイーンズリングが2着に来るとはって感じでした。結構早めに馬券から切ってました。牝馬でも買うならミッキークイーンかなと思っていたので。内枠、ルメール以外で買える根拠があればお聞きしたいところですが、やっぱり有馬は内枠に気を付けないとダメですね。悔しいです。来年は当てられるように。

20171224_06

最後はキタサンブラックの引退式を見届けました。有馬は負けましたけど、サブちゃんの新曲「ありがとう キタサンブラック」も聴けたし、いつもの「まつり」も聴けましたし、照男さんも勝ったし、私も勝ったし(結局そこ)、良い1日でした。

20171224_07

20171224_08

馬券的には「目の上のたんこぶ」でしたけど、いざ引退となると寂しいですね。一応、G1で唯一本命を打ったのが今年の宝塚記念(苦笑)。本当に相性が悪かった・・・。それはともかく、今後は産駒に期待したいですね。父ブラックタイド、母父サクラバクシンオーのこの馬からどんな馬が生まれるのか楽しみです。今までお疲れ様でした。

20171224_09

20171224_10

いつもであればこれで今年の中央競馬は終わりとなるわけですが、今年は12/28が最終日となったのであと1日あります。その12/28は新設G1・ホープフルSが行われます。

ただ、12/28って普通に仕事なんですよね。サラリーマンであれば大体仕事納めの日ですし、わざわざなんでこの日に?って感じです。個人的には昨年同様、ホープフルS、有馬記念の順番で同日に2つのG1を行うのもありかなと思うのですが。やっぱり最後は有馬で締めくくりたいし。

後は4ヶ月後に皐月賞があるのに、同じコースの2歳G1を行う意味があるのかなと。朝日杯があるので、どうせなら芝1200mにするとか、ダート1800mで行うとか考えても良いのではないのかなぁと思います。

ただ、前者だと下手に勝つと出られるレースが限られたり、後者だと全日本2歳優駿と分散されるなどの弊害が出る可能性もあるのでなかなか難しいところですね。いろいろ書いてしまいましたが、JRAも今後再考してもらえればなと思います。

12/28はダメですが、29から休みに入るので東京大賞典には参戦予定です。今年最後の競馬観戦。久々に友人と観戦予定なので楽しんできます。

« コンダクトレス、ハナ差でデビュー勝ち | トップページ | 第63回東京大賞典 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/66253773

この記事へのトラックバック一覧です: 第62回有馬記念:

« コンダクトレス、ハナ差でデビュー勝ち | トップページ | 第63回東京大賞典 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ