« 2018スタート | トップページ | 2018年度スタート »

2018年1月 3日 (水)

第94回箱根駅伝、青学大4連覇

今年の箱根駅伝は圧倒的な強さで青山学院大が4連覇という結果に終わりました。4連覇は史上6校目の快挙。原監督の「ハーモニー大作戦」が見事に決まりました。

往路でトップの東洋大と36秒差の2位でフィニッシュすると、復路の6区で早々と逆転してトップに。7区で箱根初出場の林選手が区間新記録の快走を見せると、8区の下田選手も区間トップで走り抜けほぼ勝負あり。

タイムも唯一の11時間切りの10時間57分台でゴールされては他大学は太刀打ちできずでしたね。区間トップが4人、一番悪い場所でも区間9位という層の厚さを見せつけられました。

優勝の立役者はやっぱり金栗杯を獲得した林選手でしょう。初出場で区間新記録とは原監督も嬉しい誤算だったのでは。しかも、今年走ったメンバーが7人も残りますし、5連覇に向けて視界良しですね。来年はどんな「大作戦」でくるのかも注目です。

2位は東洋大。これで3年連続で準優勝と悔しい結果。往路はトップで終わるも、復路で逆転されて以降は追いつくことが出来ず。それでも3位を6分以上も離していますし、普通であれば優勝出来るタイムなんですよね(実際、昨年の青学大の優勝タイムより速い)。

今大会では1年生を4人も起用するなど、今年走ったメンバーが9人も残るのでチーム力をアップして、「その1分を削り出せ」ぐらいの気持ちでリベンジして欲しいなと思います。

他では東海大、神奈川大がどれぐらいやれるかなと見ていましたが、それぞれ5位、13位という結果。

戦前は青学大を含め「三強」と言われたりもしていましたが、終わってみれば実力の差を見せつけられた感じです。やっぱり箱根は「10人」で走るというのが一番難しい所ですね。

復活に期待していた駒沢大は9年ぶりのシード落ちとなる12位。エース工藤選手がレース中に故障し不本意な走りだったことも多少は響いたかもしれませんが、かつての常勝軍団がシード落ちとは寂しいですね。次の大会は予選会からになりますが、大八木監督がどのように立て直すかに注目です。

個人的に応援していた山梨学院大の上田選手は区間18位と苦しい走りになってしまいましたね。残念な結果に終わりましたが、最後の親子鷹頑張ったと思います。運営管理車から飛ぶ監督の檄にはちょっとくるものがありました。

いつも応援している関東学生連合はぶっちぎりの最下位・・・。病気や故障で主力を欠いたとはいえこの結果は何とも。ここまで悪くなると存続の危機が。来年はもう少し頑張って欲しいですね。

ただ、今回から選抜資格が「本戦出場経験がゼロであること」となったため、一度でも箱根駅伝に出た選手は出られないという事に。これだと強いチーム編成はなかなか難しいのかなと。この辺りはもう少しルール再考の余地があると思います。

今年もいろいろありましたが、最終的には棄権もなく、全員無事に走り終えることが出来て良かったです。来年も全員無事完走できますように。

三が日も終わり、7連休も明日で終わり。せっかくの連休だったのに、何だか調子が悪くてほぼ横になって過ごしてました・・・。出勤すれば多分治るんだろうなぁ(苦笑)。

P.S.
「君の名は。」を見ましたが、ただの男女の入れ替わり話かと思っていたので、中盤からの展開に「そういう展開になるのかー。」と良い意味で裏切られました。個人的に時空が絡む話は好きなので良かったです。

後は「背景が綺麗だなぁ」とか「音楽が良いなぁ」と感じたのが正直な感想です。一回見ただけでは「?」の部分もあったので、機会があればまた見てみたいですね。

« 2018スタート | トップページ | 2018年度スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533738/66240384

この記事へのトラックバック一覧です: 第94回箱根駅伝、青学大4連覇:

« 2018スタート | トップページ | 2018年度スタート »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ