« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の3件の記事

2018年6月17日 (日)

ベルクワイア、デビュー戦は2着惜敗

前回のブログで話したベルクワイアですが、本日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)に出走し、クビ差で2着(1番人気)という結果に。惜しくも勝利とはなりませんでした。

レースはまずまずのスタートを切ると、ダッシュ良く逃げ馬と並ぶような感じで進める展開。

前半800m49.1というスローな流れで4コーナーで早くも先頭に。そのまま粘りこみを図ろうとするも後続も殺到し、残り100mあたりで内から並びかけてきたトーセンギムレットとの叩き合いに。叩き合いの末、相手の首が出たところがゴールでした。

関係者のコメントによると、

「勝てなくてごめんなさい。本当は前に馬を置いて運びたかったけど、ゲートを出てペースが落ち着いたことで今日のポジションになりました。

初めての競馬でちょっとフワフワしましたが、折り合いやコントロールは問題なかったですね。追ってからもっと切れるかなと考えていましたが、最後までジリジリでした。

ちょっと馬場が緩くてその影響もありそうですが、いいスピードを持っているし、次はもっと走れるはずですよ。」(ルメール騎手)

「試験までの期間のゲートの出はそこまで速くなかったですが、トレーニングを積んできてそれなりには出られるようになっているだろうと考えていました。

念のために金曜日に練習をした時は普通くらいの出を見せていたので、適度に流れに乗れたら理想的だろうと見ていたんです。それが実戦へ行くと五分以上のスタート。それ自体は特筆するものではないものの、そこからスッとスピードに乗ったことでハナに立ってしまいましたね・・・。

結果論にはなってしまいますが、道中から正直なんか嫌だなぁ・・・と思いながら見ていたんです。そのまま押し切ってくれることに期待をしたのですが、いい目標になってしまいましたね。

ルメール曰く、緩い馬場で切れるはずの脚を使えなかったとのこと。う~ん、正直それでもなんとかして欲しいと思っていただけに残念でなりません。楽しみにしていただいていたと思うだけに期待に応えられるような結果を出せなくて申し訳ありません。」(国枝師)

とのこと。ゲートの出が遅いかもと聞いていたので、まさか逃げの形になるとは思いませんでした。4コーナーの手応えの感じではそのまま押し切れるかなぁと思ったのですが、ルメール騎手のコメント通りジリジリな伸びで、最後はトーセンギムレットに捕まってしまいました。

うーん、悔しい。あそこまでいったなら押し切ってほしかったなぁとも思いますが、スローな流れで後ろから差されてしまったので、相手を褒めるしかないですね。岩部騎手も年間数回しかない(失礼)神騎乗をここで決めなくても良いのにと愚痴を。

それにしても、まさか単勝1.3倍に推されるとは・・・。新馬戦とは言え、それだけ推してもらえたのは嬉しかったですね。

残念ながら2着には負けてしまいましたが、ベルクワイアはよく頑張ってくれました。いろいろなプレッシャーがある中、デビュー戦で2着なら十分かと。

まずは初戦お疲れ様でした。牝馬で500キロ近くある大型馬なので、脚元には気を付けてまた次走頑張ってほしいなと思います。

2018年6月16日 (土)

ベルクワイア、デビュー

明日の東京5R・メイクデビュー東京戦(芝1600m)で一口馬ベルクワイアがルメール騎手を背にデビューすることになりました。

20180616_01

佐藤助手のコメント(抜粋)によると、

「先々週、先週はともに先輩とは言え未勝利馬を相手にした追い切りだったので、強気なことは言えないと思っていましたが、動きは良く、先週の時点で大体できているなと感じていました。

調教師から当該週はあまりやりすぎないようにと指示が出ていたので、今日の追い切りは同じ2歳馬3頭併せで行うことにしました。

ベルクワイアは真ん中に入れて進めたところ他2頭が若干前に出た時にも変に気後れしたり、突っ張ったりすることはなかったです。

スピードを上げていく時の掻き込みがしっかりとしていて、ギアが変わればスッと楽に突き放してしまいそうなくらいの手応えで駆けていました。まずは初戦を無事に走り終えてくれたらと思っています。」

とのこと。これまで私の一口馬はあまり早いデビューをしたことがなかったのですが(昨年札幌デビューしたコンダクトレスが最速)、まさか6月の府中でデビュー出来るとは、という感じです。

いつもはクラシックを目指せそうな血統の馬を買うのですが、なかなか結果を残せなかったので、今回は現実を見ようと言う事で(稼ぐ意味で(苦笑))、短距離血統の馬を選んでみました。

カタログを見てスカーレットベル産駒(ベルクワイア)と、カメリアローズ産駒(ディキシーナイト)の2択まで絞って(しかも、どっちも国枝厩舎だった)、最終的にベルクワイアに決めました。

決め手としてはロードカナロアの可能性に賭けてみたかったということと、親戚にヴァーミリアンやサカラートがいるので血統も良いなと思ったので。あとは芝でもダートでも走れそうなので、つぶしが利くなという割と安易な考えもありつつ(苦笑)。

一昨年、キャロットの一次募集を忘れてしまったおかげで、昨年は出資優先権をもっていたので、それを使って何とか購入することができました。

一応、気になったディキシーナイトも申し込んだんですけど、やっぱり抽選で外れちゃいました。最近、キャロット馬はなかなか買うのが大変ですね。

さて、ベルクワイアですが、前売りオッズだと単勝1倍台前半で推移していてかなりの人気になってますね。期待されるのは有難いことですが、逆に人気し過ぎて不安が・・・。

もちろん勝てれば言う事無しですが、デビュー戦だけにまずは無事に走ってきてほしい、というのが本音です。

本日、一口馬ジャッカスバークが東京4Rの障害未勝利戦に出走したのですが、結果は最終障害で落馬、競走中止というまさかの結果でした。

人馬ともに命に別状は無いと言う事でホッとしましたが、やっぱり何が起こるか分からないのが競馬ですからね。今日のジャッカスのレースを見て、余計に「まずは無事に」という思いが強くなりました。

枠は7枠13番で確定。個人的には新馬戦だけに揉まれる内より外の方が良いなと思っていたので、良い枠ではないでしょうか。

ちなみに、ベルクワイアとはハンドベル演奏グループのこと。母名スカーレットベルからの連想で、勝利の鐘の音を響かせて欲しいという意味を込めての命名だそうです。

頑張れベルクワイア!

2018年6月13日 (水)

第85回東京優駿

2週間以上経ってしまいましたが、今年も日本ダービーに行ってきました。

20180613_01

20180613_02

20180613_03

20180613_04

20180613_05

1R終了後に到着。やっぱり何度来ても、このいつもの競馬場と違った雰囲気は何とも言えないですね。まずはいつも通りレープロをゲット。

20180613_06

昨年のサトノアーサー本命は無謀過ぎたなぁと反省。今年は当てたいところ。

競馬場に着いたらまずは来場キャンペーンということで、機械にタッチしたところ、累計5ポイントの景品(またまた5等)とダービーリボンをゲット。

20180613_07

ダービーリボンは昨年に引き続き、2年連続でゲット。昨年は橙でしたが、今年は黒(2枠)のリボンでした(最初、白かと思った)。

20180613_08

5等のクリアファイルは悩みに悩んで、グラスワンダーの孫モーリスで。

20180613_09

せっかくのダービーデーなので、何かダービーグッズでも買おうかなとショップへ。今年もネクタイを購入。これで競馬のネクタイも5本目。競馬ネクタイで1週間のローテが組める(笑)。箱の裏は歴代のダービー馬が載ってます。

20180613_1020180613_11

テイエムオペラオー追悼の記帳台が設置されていたので、お祈りと記帳をしてきました。

20180613_12

20180613_13

スペシャルウィークに続いてオペラオーもか・・・とショックでしたね。和田騎手のツイッターも泣ける。

思い出は以前書いたと思いますが、2000年の有馬記念。4コーナーで絶望的な位置からのあの強烈な追い込みは、有馬初観戦だったこともあり鮮明に覚えています。古馬の王道ローテを年間無敗で駆け抜ける馬はおそらくもう二度と現れないでしょうね。

2013年のJRAのCMより。

ご冥福をお祈り致します。

さて、ダービーです。ダービー連敗を16で止めるべく、本命に決めたのはダノンプレミアム。

昨年の朝日杯が終わった後、周りに「皐月賞、ダービーの二冠はこの馬で堅いでしょ。」と言ってしまった(苦笑)のと、無敗のダービー馬誕生に期待を込めて。よくよく考えると、3年連続で川田騎手本命ですか。

唯一の不安は弥生賞からのぶっつけ本番というところ。個人的には皐月賞からの王道ローテ以外はあまり買いたくないところもありましたが(同じ理由でブラストワンピース切りましたし)、最終的には初志貫徹と「1番人気だから」という理由で決めてしまいました・・・。

馬券はダノンプレミアムから弱気の馬連と、裏本命エポカドーロとグレイル、ジェネラーレウーノのワイドBOXで勝負。

20180613_14

今年の入場人員は15時現在で11.8万人程度。

20180613_15

最終的に12.6万人程度と前年比102.4%と若干アップ。レーススタート前は西門入口まで人がぎっしり。さすがダービー。

20180613_16

20180613_17

そして、15:40。ファンファーレが鳴り響きいざスタート。まずは何が逃げるかが注目でしたが、皐月賞馬エポカドーロが引っ張る展開。1番人気ダノンプレミアムは3番手をキープ。

1000m通過は60.8の平均からやや遅めのペース。あまり隊列が変わることなく最後の直線へ。エポカドーロが二の足を使って後続を突き放すところ、外からコズミックフォース、ワグネリアンが迫る。

3頭の叩き合いから最後にワグネリアンが抜け出して先頭でゴール。2着に皐月賞馬エポカドーロ。1番人気ダノンプレミアムは内の苦しいところから伸びきれず6着止まり。

20180613_18

これは素直に福永騎手おめでとうですね。20年前のキングヘイローから19回目の挑戦で悲願のダービー制覇。当時21歳の青年が41歳のベテランですからねぇ。私もおっさんになるわけだ(苦笑)。

それにしても、ダービーに乗ること自体難しいのに19回乗っていることが凄いですね。ちなみに、照男さんは4回しか乗ってないです(泣)。来年こそは。

外れた人が多いと思うのに、スタンドからは「ユーイチ、おめでとー」の声が至る所で飛び交っていて、あたたかい空気に包まれていて良かったですね。

20180613_19

私の本命ダノンプレミアムは6着と残念な結果。最後の直線で窮屈なシーンはありましたが、あれがなくても勝ち負けは難しかったかなと。

一応、初志貫徹でしたが、不安要素がありつつも本命にするのはやっぱり良くないですね。久々に後悔する馬券の買い方をしてしまったなぁという感じでした。来年こそは連敗ストップを。

他では負けはしたものの、エポカドーロ・戸崎騎手の騎乗に痺れました。まさか逃げるとは思っていなかっただけに、戸崎騎手の攻めの騎乗は見ていて気持ち良かったです。

この後、もちろん最終まで勝負し、目黒記念でウインテンダネス(9番人気)の単勝が見事的中。

20180613_20

ここまで全敗だったのですが、最後の最後でミラクルが起きました。内田騎手ありがとうございました。残り100mぐらいから「内田差せぇーーーー」と必死に叫んでました(苦笑)。

最終レース後はパドックにてレース回顧を。

20180613_21

福永騎手が「親父が見ることが出来なかった景色を代わりに見ることができて良かった」、「福永家の悲願が達成できて良かった」と話しているのを聞いて、いろいろ大きいものを背負っていたんだなぁとしみじみ。

来年はどのようなドラマが待っているのか楽しみです。

20180613_22

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ