« お盆休み2018 | トップページ | 2018大晦日 »

2018年9月30日 (日)

西武ライオンズ、10年ぶりのリーグ優勝!

ライオンズが遂にやってくれました。2008年以来10年ぶり22回目のリーグ優勝を決めてくれました。

開幕8連勝で勢いをつけると、途中何回も首位陥落しそうな場面はあったものの、結局最後まで一度も首位を譲ることなく、そのまま優勝まで駆け抜けました。

かつて常勝軍団だったライオンズが、まさか10年も優勝出来ないとは前回優勝時には思いもしませんでしたが、それだけにこの久々の優勝は本当に嬉しいですね。

欲を言えば勝って優勝といきたかったところですが、それはクライマックス、日本シリーズに取っておきたいと思います。

打撃陣は全体的に好調でしたが、個人的には中村選手の復活が嬉しかったですね。6月まで打率1割台で低迷していて今年は厳しいかなぁと思っていたら、7月以降は打率3割以上と大爆発。元4番の意地を見せてもらいました。

投手陣はトレードで加入した榎田選手の存在が大きかったですね。今日時点で菊池、多和田に次ぐ勝ち頭。トレード加入でまさか2桁勝てるとは思っていなかっただけに、この活躍は良い意味で誤算でしたね(失礼)。

この他にも名前を挙げたい選手は沢山いるのですが、挙げるとキリがないのでこの辺にしておきます。

選手の皆さん、スタッフの皆さん、球団関係者の皆さん本当におめでとうございました。

・競馬
秋のG1シリーズが開幕。初戦のスプリンターズSは1番人気ファインニードルが中団から差し切り、春の高松宮記念に続いて春秋スプリントG1制覇という結果に。

外からの追い込みが決まり辛かった馬場だけに、外から差し切ったのは地力が違った感じですね。今後の予定は分かりませんが、可能であればぜひ香港スプリントで春の雪辱を期待したいです。

馬券はほぼ予想大会通りにセイウンコウセイからの馬単流しとレッツゴードンキの単勝で勝負するも、それぞれ12着、5着と上位争いに絡めず。

セイウンコウセイは直線半ばで余力なく、レッツゴードンキは後方から上がり最速で追い込みましたが、あの位置からでは時すでに遅しという競馬でした。

うーん、残念ですね。初戦で好スタートを切りたかったのですが・・・。秋華賞、菊花賞の3歳G1で巻き返したいです。

« お盆休み2018 | トップページ | 2018大晦日 »

野球」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武ライオンズ、10年ぶりのリーグ優勝!:

« お盆休み2018 | トップページ | 2018大晦日 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ