« 2019スタート | トップページ | 2019ゴールデンウィーク »

2019年1月20日 (日)

日はまた昇る、ジャッカスバーク障害初勝利

一口馬ジャッカスバークが本日の中京4R・障害未勝利(芝3000m)に出走し、見事障害初勝利を決めてくれました(パチパチ)。

レースはスタートを決めると、鞍上の促しもあり逃げる展開に。特に隊列変わることなく、そのまま最後の直線へ。最終障害を飛越すると、残り200mからは1番人気ルグランパントルとの叩き合いになり、最後は粘って粘ってそのまま逃げ切りを決めました。

約3年ぶりの勝利嬉しいですね。勝った瞬間は少しウルウルしてしまいました。ここまでいろいろ苦難がありましたからねぇ。

1600万下で勝負ができなくなり、障害に転向したのが約1年前。持ち馬が障害に転向するのは初めてだったので、まずは落馬だけには気を付けてほしいなと思いつつの再出発。飛越に失敗すれば最悪・・・の事も考えられますので。

初戦が2着だったので近いうちに勝ち上がれるかなと思っていたのに、下手な飛越が災いしなかなか勝てず。挙句には3戦目に初落馬・・・。あの時は本当にヒヤッとしました。そして、前走は不利もあり1番人気の期待を大きく裏切る8着。

今回も元々騎乗予定だった原田騎手が落馬負傷により、直前で熊沢騎手へ乗り替わりとなり厳しいレースになるなと思っていました。

でも、さすがは熊沢騎手でしたね。途中何度も飛越が危ない場面があり、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、そこはベテランらしくうまくエスコートしてくれました。最後の叩き合いは力が入りましたね。やはり平地、障害のマルチG1ジョッキーは伊達じゃなかったです。

関係者のコメント(抜粋)は、

「最後の直線での飛越は少し合わなかったけど、他の障害に関してはそれなりに合わせて飛んでくれていました。飛越の際にどうしても一完歩入れたがるところがあるので、もう少し思い切って飛ぶことができれば馬自身も楽になるでしょう。

そのあたりが良くなってきたら上のクラスでも十分やれると思います。今日はいい馬に乗せていただき、本当にありがとうございました。」(熊沢騎手)

「今回障害の練習の際に手伝ってくれた原田ジョッキーが落馬負傷して乗れなくなってしまったのですが、ベテランジョッキーが空いていたのでお願いしました。

ぶっつけ本番になるのでどういう馬かを伝えるしかなかったのですが、いざスタートを切ると先頭に立ったのでビックリしてしまいました。モサモサしがちなのでビシッと乗って欲しいとは言ってあったので・・・。あとはご覧の通りでヒヤヒヤものでしたね。

向こう正面は1周目も2周目も完歩が合ってなくてリズム良く飛べていませんでしたし、最後の直線の1つ目の障害は跨ぐから最後の障害で転ばないでくれと祈る思いでいたんです。

何とか無事に飛んでくれましたが、普通は1番人気の馬に差し切られていたはずです。相手の鞍上はジャッカスのことを知っている石神だから、ヤツもわかってて敢えて溜めて一気に行こうとしたはずなんです。それを並びかけられてからさらにひと伸びするのだから大したものです。

あれはジャッカスの気持ちに火がついたシーンでしたね。よく頑張ってくれたと思います。ただ、今日の一番の勝因はピンチヒッターで熊ちゃんを確保できたことかもしれません。普通なら1周目の向こう正面の飛越でリズムを崩してやめていて不思議ありませんが、恐れずそのまま飛ばしていくのですからね。驚きました。

まだ上がりをよく確認できていませんがおそらくたくさん傷を作っているでしょうから、よく確認し、必要であれば適切な処置をしておきます。ようやく勝てて嬉しいはずなのですが、あまりにも心臓に悪い飛越だったのでホッとしたという気持ちのほうが大きいですね(苦笑)。」(古賀慎師)

8歳馬でも頑張るジャッカス君には本当に頭が下がる思いですが、高齢馬を厩舎に置いて頂いている古賀厩舎にも感謝感謝です。

年齢的に現役生活も残りわずかと思いますが、もう少しだけ楽しませてもらえればなと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

20190120_01

« 2019スタート | トップページ | 2019ゴールデンウィーク »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日はまた昇る、ジャッカスバーク障害初勝利:

« 2019スタート | トップページ | 2019ゴールデンウィーク »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ